ホーム ニュース ニューヨーク NY市、葬儀場前のトラック...

NY市、葬儀場前のトラックに遺体100体以上

29日、ブルックリンにある葬儀場から異臭がするという通報を受け、警察官が駆けつけたところ、2台のレンタルトラックから、合計100体以上の遺体が発見された。

問題となった葬儀場は「Andrew T. Cleckley Funeral Home」。捜査当局の発表によると、葬儀場の前の小型トラックには、遺体が1週間以上前から保管されいた。冷凍装備がないため、強い腐敗臭が漂っていたという。全て新型コロナウイルスによる死者だとみられている。

目撃者の一人は、この1カ月、これらのトラックから袋に入った遺体が出し入れされていたとabcニュースに語っている。

- Advertisement -

葬儀場を監督するニューヨーク州保健局は、遺体の取り扱いについて2件の召喚状を発行。ハワード・ザッカー保健局長は30日の会見で、現在調査を行っており、罰金もしくは事業停止を命じる可能性があると述べた。

ニューヨーク市ではこれまで、1万7,000人以上が新型コロナで死亡している。急激な死者数の増加に、遺体安置所や墓地、火葬場などの各施設では対応能力を超えた状態が続いている。
2015年から同葬儀場を営むクレックリー氏は、ニューヨークタイムズに対し、「遺体を安置する冷凍トレーラーが購入できなかった」と述べており、トラックは溢れ出た遺体を一時的に収容するために使用していたと語った。

デブラシオ市長は30日の会見で、「葬儀場は、尊厳を持って死者を扱う義務がある。世界中のどの葬儀屋で、このようなことが起こるのか、見当もつかない。」と述べ、到底許されるべきでないと非難した。葬儀場は州の管轄だが、市が協力し、対応にあたると述べた。トラックの遺体は、市の用意した冷凍トレーラーへと移動された。

TOP STORIES

Recommended stories