ホームニュース老舗ステーキ店「ピータール...

老舗ステーキ店「ピータールーガー」で発砲。食事中の2人負傷 NY市

29日夜、ニューヨーク市ブルックリンにある老舗ステーキハウス「ピータールーガー」で発砲があり、屋外の席で食事をしていた2人が負傷した。

事件は午後9時45分ごろ起きた。デイリーニュースによると、店内では11人の団体が食事を行っており、その中での口論が銃撃に発展したと発表している。
1人が喧嘩をやめさせようとした後、1人の男が店を飛び出し、銃を持ってステーキ店に戻ったという。男は、その場で無差別に発砲しはじめた。

負傷した2人は、グループとは無関係だという。1人(50歳)は腹部を、もう1人(21歳)は肩を撃たれた。2人は病院に搬送され手当を受けたが、命に別条はないという。容疑者は、店から2ブロック先のベッドフォード・アベニューで拘束された。

ニューヨーク市の犯罪件数は、前年比11%減となっているが、発砲事件は増加傾向にある。3月の銃に関連する逮捕者は492人で、昨年3月に比べ約70%増加した。先週末(23日夜から25日)は23件の発砲があり、1人が死亡25人が負傷している。

- Advertisement -
- Advertisement -

TOP STORIES