トランプ大統領、ローマ法王と初の面会。世間の注目は思わぬ方向に。

就任後初の外国訪問を行なっているトランプ大統領は、本日、訪問先のバチカンで、ローマ法王フランシスコ1世と面会し、会談を行った。予備選挙期間中に、トランプ氏が掲げたメキシコ国境の壁に対し、ローマ法王が批判的な態度を取ったことから、直接の会談は大きく注目された。

会談は約30分間行われ、メラニア夫人、長女のイバンカ、夫のジャレッド・クシュナー上級顧問らが同席した。会談ではテロリズム、人権や信仰の自由について、話し合われた。

会談後、法王は平和のシンボルであるオリーブの木の彫刻を渡し、「あなたが平和を築くオリーブの樹になられることを願っています。」と伝えたという。また、「平和に向けた政治のあり方」と題する2017年の平和のメッセージと、気候変動から環境を守る必要性を訴えた回勅を贈呈した。

メディアでは、会談の様子が大きく取り上げられたが、その内容に加え、思わぬところに話題が集中している。

二人の対照的な表情の写真が話題に

SNSなどで大きく話題になったのはこちらの画像。ある瞬間を映した一枚だが、にこやかな大統領とは、対照的な表情を浮かべる法王。メラニア夫人らの表情にも注目。

その他の首相と法王の面会場面を比較するツイートも登場。

法王がメラニア夫人にジョーク

ローマ法王は、メラニア夫人に「あなたは彼に何を食べさせてるの? ポティカ?」とジョークを交わす場面も。(ポティカは、メラニア夫人の出身地、スロベニアのケーキ)

大統領 ツイッターのカバー画像を早速変更

会談後、トランプ大統領は「これまで以上に平和の追求を行う決意をした」とツイート。よほど決意が固いのだろう。自らのツイッターのカバー画像を、法王との会談場面に変更している。

スパイサー報道官も話題に

今回の外遊には、ショーン・スパイサー大統領報道官も同行しているが、法王との面会は果たせなかったようだ。CNNによると、報道官は敬虔なカトリック信者で、面会を心待ちにしていたという。会談の直前に、今回は人数制限の関係で、面会できないことを伝えられた。その話を聞いた、ある近しい人物は、「なんと! それこそ、彼が望んでいた全てだったのに」と驚いたという。

ツイッターでは、これまでメディアから厳しい追及にさらされながら、大役を果たしてきたスパイサー報道官には、同情的な意見も多いようだ。

Politicoのホワイトハウス担当のレポーターJosh Dawseyは、大統領の対応に驚き、スパイサー報道官に同情を寄せた。

SNLのシナリオは現実のものに。。。