トランプ大統領 国家緊急事態を宣言、新型コロナ感染拡大で

国内の感染が拡大する新型コロナウイルスに対応するため、トランプ大統領は13日、ホワイトハウスで会見を開き、国家緊急事態を宣言した。

トランプ氏は「連邦政府の力を最大限使用するため、正式に国家の緊急事態を宣言する」と発表。州や領土、地域の支援に最大で500億ドル(5兆4,000億円)の政府の支援金を充てると述べた。

会見では、各州に緊急診療センターの設置を命じるほか、すべての病院に緊急準備計画を実行するよう要求すると述べた。また、保健福祉省長官の権限を強化し、医師や病院が診療を柔軟に実施できるよう、部分的な規制の免除を可能にすると発表。これには、遠隔医療や州をまたいで医師がサービスを提供することが含まれると語った。

批判が集中している検査体制について、来週の早い段階で50万件の検査が可能になるとし、検査場所について日曜夜に発表すると語った。さらに今後1週間で検査キットを140万個を追加し、1ヶ月以内に500万個を用意すると述べた。

このほか、ファーマーシーや小売店と「ドライブスルー検査」の設置に関する話し合いをしていると明かしたほか、グーグルの協力で検査をナビゲートするウェブサイトを開設すると語った。