ホームニューストライベッカ映画祭オープニ...

トライベッカ映画祭オープニングは『イン・ザ・ハイツ』NY市内5カ所で同時上映

トライベッカ映画祭は、オープニングにリン・マニュエル・ミランダ氏が手掛けたミュージカル『イン・ザ・ハイツ』の劇場版をワールドプレミア上映すると発表した。
マンハッタンとブルックリン、クイーンズ、スタテンアイランド、ブロンクスの屋外会場で、同時上映される。

今回で20周年を迎える同映画祭は、ニューヨーク州が主導するアート・エンターテインメント復興のためのイニシアティブ「NY PopsUp」を締めくくるイベントとして、6月9日から20日まで開催される。

ミランダ氏は声明で「20周年のトライベッカ映画祭が、『イン・ザ・ハイツ』で幕開けするのを大変光栄に思う。ワシントンハイツにあるユナイテッドパレス劇場での上映は、忘れられない夜となるだろう」と述べた。「このコミュニティに対するミュージカルのラブレターを、私たちのコミュニティで、コミュニティと人々とシェアするのが待ちきれない」が期待を語った。

- Advertisement -

「イン・ザ・ハイツ」は、ミランダ氏がウェズリアン大学の学生時に製作したミュージカル。2008年にトニー賞で13部門にノミネートされ、作品賞や楽曲賞など4部門を受賞。2009年にはグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞するなど高い評価を得ている。

劇場版は、『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ(Jon M. Chu)氏が監督を務めた。チュウ氏は、ワシントンハイツの「活気とエネルギーは比類ないものだ」と述べ、「人生の復活を一緒に祝うことができる機会を楽しみにしている」と語った。

IN THE HEIGHTS インザハイツ リン・マニュエル・ミランダ
Macall Polay

『イン・ザ・ハイツ』は6月11日、米国の劇場とHBO Maxで公開される。HBO Maxは、劇場公開から31日間ストリーミングで配信する。配給はワーナー・ブラザース。

あなたにおすすめ

TOP STORIES