Advertisement
ホームニュースNYタイムズスクエア 観光...

NYタイムズスクエア 観光客が集団強盗被害

6日、テキサス州からニューヨーク市に観光に訪れていた女性(30)が、4人の男女から暴行を受け、所持品を奪われる事件があった。ニューヨークポスト紙が報じた

事件は午後7時過ぎ、ウエスト45ストリートとブロードウェイ付近で起きた。女性は繰り返し殴られた後、携帯を奪われたという。
携帯はその後、発見されたが、携帯ケースの中に入れていた170ドルは奪われていた。

犯人らは逃走したが、このうちの1人がホットドッグのカートの下にバッグを置き忘れていた。ベンダーがこれを警察に届け出たという。バッグの中からは、弾丸の入った銃が見つかった。

警察は事件に関連して、ブロンクス在住のDavid Baker(22)と Jone Garner(19)、17歳の男女2人を逮捕した。4人を強盗および窃盗、暴行、盗品の所持、嫌がらせの罪で起訴した。

タイムズスクエアでは先月8日、口論が発砲事件に発展し、流れ弾でその場に居合わせた3人が負傷する事件があった。またニューヨーク市警察は今月、5月の発砲や地下鉄での犯罪が大幅に増加したと発表している。強盗(46.7%増)や窃盗罪(35.6%+)なども増加傾向にある。

TOP STORIES

What's New