ロックフェラーセンタースケートリンク「The Rink」10月8日オープン

ニューヨークのウィンターシーズンに欠かせないアトラクション、ロックフェラーセンターのアイススケートリンク「The Rink at Rockefeller Center」が、 コロンブスデーの週末10月8日にオープンする。
世界一有名なクリスマスツリーとともに、多数の映画(ウィノナ・ライダー&リチャード・ギア主演の「オータム・イン・ニューヨーク」や、ウィル・フェレル主演「エルフ」、「ホームアローン2」)にも登場する。

期間・営業時間

期間はコロンブスデーの週末10月8日から、翌年のイースターサンデー4月21日まで。営業時間は、午前8時30分から深夜まで。

料金・予約方法

料金は、大人1セッション(1時間半)25ドルから。シーズンによって異なり、11月22日から1月1日のピーク時は33ドルとなる。11歳以下の子供とシニアは15ドル。2018年のスケジュールと費用の詳細
スケートレッスンを受講できるコースや、リンク上で結婚を申し込む「エンゲージメント・オン・アイス」、ラジオシティミュージックホールのザ・ロケッツ(The Rockettes)の公演や、朝食・アフタヌーンティーがセットになったコースなど各種パッケージも用意されている。
全て公式サイトから予約することができる。

場所

- Advertisement -

場所は、ミッドタウンのロックフェラーセンター(住所:600 5th Ave, New York, NY 10020)で、最寄駅は、B、D、FラインもしくはMラインの「47–50 Sts Rockefeller Center」。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES