ホームニュースニューヨーク史上最も寒いサンクスギビン...

史上最も寒いサンクスギビングデーに? NYでは最低気温マイナス7℃を予想

米国立気象局(NWS)の予報によると、明日はニューヨークを含む米北東部と中部大西洋沿岸地域で、史上最も寒いサンクスギビングデーとなる見込みだ。

ニューヨークの天気は晴れで、最高気温は氷点下2.8℃(27 °F)、最低気温は氷点下6.7(20 °F)の予想。

これまでのニューヨークの最も寒いサンクスギビングデーは1871年11月30日で、氷点下5.6℃(22 °F) を記録した。

パレードにも影響を及ぼす可能性

風速は、6.7メートル(15 mph)から11メートル(25 mph)の強風が予想されている。
メイシーズサンクスギビングデーパレードの主催者は、風速10メートルの継続的な風や、風速15メートル以上の突風は、巨大なバルーンを浮かばせるのに支障が出る可能性があるとNBCニュースに語っており、明日朝の様子を見て、判断を行うという。なお、1971年には、雨と強風のためバルーンの打ち上げは中止された。
パレードを見学する人や、出かける人は防寒対策をしっかりとして出かけよう。

メイシーズパレードのみどころ

朝9時からスタートする恒例のメイシーズサンクスギビングデーパレードのルートやバルーンの種類を紹介。

メイシーズ・サンクスギビングデーパレード みどころ&ルート

あなたにおすすめ

TOP STORIES