ホーム ニュース ニューヨーク NY市、コロナ危機後は職場...

NY市、コロナ危機後は職場の体温検査がニューノーマルに?

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、新型コロナウイルス危機後の経済再開には、大量の検査に加え、職場での体温検査が必要になると語った。

MSNBCの番組「MORNING JOE」に出演したデブラシオ氏は、「再開には、われわれの市では、1日に数十万人の検査をする必要がある。出社するのに体温検査が必要だ。すべての手段を講じて、病人が直ちに隔離され、確実に支援を受けられるようにしなければならない」と語った。

一方、「まず最初に数を下げなければならない。1日に数百人を失い、ICUが満員である状態では、危機を脱していない。」と再開に改めて慎重な姿勢を示し、「ソーシャルディスタンス、自宅待機、われわれが実施しているすべての方法で押し下げなければならない。」と語った。

- Advertisement -

19日時点の市の発表によると、新型コロナウイルスの感染者数は12万9,788人で、死者数は1万3240人となった。

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は、レストランなどを再開する計画の一環として顧客に体温検査を実施する方針を示唆している。
また、アマゾンやウォールマートでは、すでに従業員の体温チェックを開始している。

TOP STORIES

Recommended stories