ホームニュースタイムズスクエア発砲事件 ...

タイムズスクエア発砲事件 違法CD販売業の男逮捕

観光客で賑わうニューヨークのタイムズスクエアで、発砲により3人が負傷した事件で、31歳の男がフロリダ州で逮捕された。

ファラカン・ムハンマド(Farrakhan Muhammad)容疑者は12日、ガールフレンドとみられる女性と、ジャクソンビル(Jacksonville)のマクドナルドの駐車場で食事をしていたところ、連邦保安局に逮捕された。車内には2匹の犬がおり、女性にも逮捕状が出ていたという。

発砲は8日午後5時ごろ、44ストリートと7アベニューで起きた。ファラカン・ムハンマド(Farrakhan Muhammad)容疑者は、兄弟とCDの違法販売を行っており、口論が銃撃に発展したとみられている。容疑者は兄弟に向けて発砲したが、弾はそれて、通行人の腿や足に命中した。

被害者は、ロードアイランド州から観光に訪れていたウェンディ・マグリネット(Wendy Magrinat)さんと、ニュージャージー州在住のマルセラ・アルダナ(Marcela Aldana)さん(43)、ブルックリンから家族とおもちゃを買いに訪れていたスカイ・マルティネス(Skye Martinez)ちゃん(4)。マルチネスちゃんは、ストローラーに座っていたところ、足を撃たれた。3人とも命に別条はなく、回復する見込みだという。

ムハンマド容疑者はドレッドヘアを切るなどして、容姿を変えていたという。11日にはサウスカロライナ州のウォルマートにいる姿が目撃されていた。

ニューヨークポスト紙によると、ムハンマド容疑者には、強盗や拳銃の所持、暴行など過去14年間に9回の逮捕歴がある。

ムハンマド容疑者はWCJB-TVに対して、事件発生時はタイムズスクエアではなく、ニュージャージー州におり、南部に旅行するための準備をしていたと主張している。

あなたにおすすめ

TOP STORIES