ホーム ニュース スーパーブルーブラッドムー...

スーパーブルーブラッドムーン写真 2018年

1月31日、スーパームーン、ブルームーン、ブラッドムーン(月食)と3つの現象が同時に起こるレアな満月が観測された。
Space.comによると、米国でスーパーブルーブラッドムーンが観測されるのは、1866年以来の約150年ぶりという。

スーパームーン(Supermoon)は、地球、月、太陽が一直線になり、楕円軌道で回っている月が、地球と最接近した時に見える満月または新月の通称。アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、通常の満月に比べて、14%大きく、30%ほど明るく見えるという。
今月は1月1日にもスーパームーンが観測されているため、ひと月に2回満月が見えるブルームーン(Blue moon)となった。また、月食は赤黒い色(赤銅色)に見えるため、英語ではブラッドムーン(Blood moon、血の月)と呼ばれている。

- Advertisement -

米国の東海岸エリアでは、明け方に月食がスタートしたため、部分食が観測された。ニューヨークで撮影されたスーパーブルーブラッドムーン写真を一挙ご紹介!

ニューヨークのスーパーブルーブラッドムーン

自由の女神

ミッドタウン:クライスラービルディング
https://www.instagram.com/p/BendmsdBnHW/?utm_source=ig_embed

ミッドタウン:エンパイアステートビルディング

ワンワールドトレードセンター

セントラルパークから

スタッテンアイランドフェリー

次回は2037年

NASAによると、次回スーパーブルーブラッドムーンが観測できるのは、2037年とのこと。なお、次回のスーパームーンは2月、ブルームーンは3月、月食は7月となる。

関連情報

昨年は、約100年ぶりにアメリカ大陸を横断する日食が観測された。

アメリカの皆既日食 本日のニューヨークの様子

2016年にはエクストラ・スーパームーンが観測された。

ニューヨークのエクストラ・スーパームーン2016年11月

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES