17日、ロシアの国営メディアは、 ウクライナ国境に近いクラスノダールの港町エイスクで、Su-34戦闘爆撃機が住宅地に墜落し、少なくとも4人が死亡したと伝えた。

死者のほかに負傷した25人が病院に搬送され、6人が行方不明となっている。

ロシア国防省は、事故原因はエンジンの不具合によるもので、脱出したパイロットの話として、離陸後直後に発火したと発表した。事故機は飛行訓練中で、弾薬は積んでいなかったとしている。墜落によって起きた火災で、一帯の建物17棟が被害を受けたという。タス通信は、ロシア捜査委員会が刑事捜査に着手したと報じている。

現在、事故現場近くで撮影された動画がSNSに出回っている。大きな火炎が上がる中、数回にわたり大きな爆発音が聞こえる。

住民らがパラシュートで脱出したパイロットと会話する様子も投稿されている。

エイスクはアゾフ海に面した人口9万人の港町で、空軍基地を抱えている。海を隔てた東側には現在ロシアが占領している都市マリウポリがある。

Su-34は、二人乗りツインエンジンの超音速爆撃機で、ウクライナ侵攻のほか、シリア空爆でも広く使用されたという。