ホーム ニュース テクノロジー ストライプ トランプキャン...

ストライプ トランプキャンペーンのオンライン決済処理を停止へ

ストライプ(Striple)は、トランプキャンペーンのウェブサイトの決済処理を停止することを決定した。

同社はサンフランシスコに本社を置くオンライン決済サービスプロバイダ。トランプ大統領の支持者らが議事堂に乱入、占拠した事件に関連し、トランプキャンペーンがポリシーに違反したとしている。同社はユーザーに、「高リスク」の活動に関わる資金回収をしないよう求めている。

事件後、ツイッターがトランプ氏のアカウントを永久凍結としたほか、フェイスブックもアカウントを無期限停止すると発表した。スナップチャット、Twitch、Shopifyもトランプ氏またはキャンペーンの利用を禁止。メルマガ配信サービス企業もトランプキャンペーンのアカウントを停止したと報じられている。

- Advertisement -

このほか、グーグルとアップルがトランプ支持者に人気のソーシャルネットワークサービス、Parler(パーラー)について、コンテンツモデレーションが不十分としてアプリの取り扱いを停止。さらにアマゾンが10日をもって、パーラーのホスティングを停止した。

さらに全米ゴルフ協会は10日、ニュージャージー州ベッドミンスターにあるトランプ氏所有のゴルフコースで2022年に開催を予定していた全米ゴルフ選手権について、決議によって契約を終了したと発表した。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES