ホーム Uncategorized スターバックスの新形態&q...

スターバックスの新形態"リザーブカフェ"でワンランク上のコーヒー体験

コーヒーのメガチェーン店スターバックスが、限定的に出店を進めている新しい形態のお店、”Starbucks Reserve cafe”(スターバックスリザーブカフェ)をご存知でしょうか。

リザーブとは、季節限定や少量しか流通しない上質なコーヒー豆で、いわばスターバックスのプレミアムライン。その選び抜かれたコーヒー豆を専門的に取り扱うカフェ、スターバックスリザーブカフェが少しづつニューヨークにオープンしています。

starbucks reserve cafe

スターバックスリザーブカフェとは

- Advertisement -

豆の種類や、コーヒーの淹れ方を好みに応じて楽しむことにできる、よりコーヒーの専門性を高めたカフェ。
まだニューヨークにも数店舗しかないスターバックスリザーブカフェの一つ、アッパーイースト86丁目の店内は、いつものスターバックスとは、違った雰囲気。ブティックホテルの内装に着想を得たという店内の奥には、革貼りの高級感のあるソファーが並び、左手にはコーヒーバーカウンターが設置されています。壁にフレーム入りの絵なども飾ってあり、ブラックやブラウンカラーを貴重とした、落ち着いた雰囲気となっています。
カウンターには、コーヒーに造詣の深いバリスタが待機していて、豆の種類や淹れ方について、色々と詳しく説明をしてくれます。

starbucks reserve cafe

starbucks reserve cafe

豆の種類や好みに応じて淹れ方も様々。ドリップのほか、クローバーと呼ばれる専用の抽出機械や、Black Eagleのエスプレッソマシン、サイフォン、コーヒープレス、プアオーバーなどから選ぶことができます。

black eagle

NY omiyageさん(@ny_omiyage)が投稿した動画

今後さらに出店を加速

スターバックスの発表によると、今後リザーブの出店を加速し、数年で1000店舗の出店を計画しているようです。中でも注目を集めるのが”Starbucks Reserve Roastery”と呼ばれる、テイスティングルームやロースターの機能を併設し、最高品質のコーヒー体験の提供を目的とした新形態の店舗。

ニューヨークでは、2018年にミートパッキング地区(Meatpacking District at 61 Ninth Avenue)にオープンを予定しているほか、東京の中目黒など、世界の主要都市に出店が計画されています。


リザーブ店では限定オリジナルグッズも販売中。マットなカラーがとってもクールなデザイン。
世界でもまだ少ない、ちょっとプレミアムなスタバ。ニューヨーク旅行の際に訪れてみてはいかがでしょうか。

場所:
10 Waverly Place | map
771 Broadway | map
1142 Madison Avenue | map
250 Vesey Street | map

TOP STORIES

Recommended stories