ホームニュース妻スン=イー・プレヴィンが...

妻スン=イー・プレヴィンが沈黙を破りウディ・アレンを擁護

過去に自身の養女から性的虐待で告発を受けたウディ・アレン(Woody Allen)監督に関し、妻のスン=イー・プレヴィン(Soon-Yi Previn)さん(47)が、長い沈黙を破り、2人の関係について語った。16日、ニューヨークマガジン(New York magazine Vulture)のインタビューで、夫のウディ・アレンを擁護する一方、養母ミア・ファロー(Mia Farrow)さんから、暴言や暴行などの虐待を受けてきたことを明かした。

ミア・ファローとウディ・アレンの養子、ディラン・ファロー(Dylan Farrow)さんが非難している性的虐待疑惑については、「実に不公平で、憤りを覚える。」と反論。養母ミア・ファローが、「#MeTooムーブメントを利用し、ディラン・ファローを被害者だと誇示している。」と非難し、「新たな世代の人々は、みんな聞くべきではないことを聞いている。」と述べた。

養母からの虐待、ウディ・アレンとのロマンス

スン=イーは、6歳でミア・ファローと前夫の作曲家、アンドレ・プレヴィン(André Previn)氏の間に養子として引き取られた。その後、ミア・ファローは、離婚し、ウディ・アレンと交際を開始。しかし、ウディ・アレンは、ミア・ファローの連れ子であるスンイーさんと恋愛関係となり、2人は結婚することとなる。

- Advertisement -

韓国ソウル市に生またスン=イーは、5歳の時に、極度の貧困のため家から逃げ出し、路上生活をしていた。空腹のあまりに石鹸を食べこともあるという。その後、修道女が営む児童養護施設に預けられた。
1977年、彼女が6歳の時、ミア・ファロー夫妻の養子となった。施設で初めて会った時、ミア・ファローは、ハグをしてくれたが、最初から彼女に母性は感じなかったと語っている。ミア・ファローとアンドレ・プレヴィンの間には、3人の実子マシュー(Matthew)、サーシャ(Sascha)、フレッチャー(Fletcher)がおり、加えて、スンイーを含めた3人を養子にした。

子供たち6人の間には、「ヒエラルキーが存在しており、ミアはそれを隠そうともしなかった。フレッチャーはスターだった。」と述べ、「彼女は、知性とブロンドヘア、青い目を持つルックスに価値を置いていた。」と明かした。スンイーを含む養子3人は、暴言や暴行を加えらていたと語っている。

ヘアブラシで殴られたり、頭が良くなるよう、逆さに向けて頭に血を昇らせたり、アルファベットを学習用する木のブロックや、陶器のウサギの置物を投げつけられたこともあるという。
1979年、ミア・ファローとアンドレ・プレヴィンは離婚し、ほとんどの子供をミア・ファローが引き取った。一家はニューヨークに引っ越した後、ミア・ファローはウディ・アレンと出会う。

10歳のスン=イーは、ウディ・アレンを嫌っていたという。「母親と一緒にいたし、なぜあんな厄介で、神経質な人と一緒にいるのか理解できなかった。」と最初の印象が悪かった旨を述べている。
17歳の時、足首を骨折したスン=イーを、ウディ・アレンが優しく介抱してくれたことで、ミア・ファローから与えられなかった親切心を感じたスン=イーは、徐々に彼に心を開いていった。

皮肉にも、2人が同じ時間を過ごすようになったのは、ミア・ファローの提案でもあったという。
ニックスのゲームを観戦する常連客となり、1991年のある日、イングマール・ベルイマンの映画を一緒に見ながら、身を寄せ合っていたことに気づいた。ウディ・アレンは、スン=イーにキスをしてきた。「私たちは2つの磁石のようだった。お互いぴったりとくっついた。」とその時の様子を述べている。
2人は、彼らの間に生まれたロマンスに関して、ミア・ファローに見つかったらどうするかを話し合ったが、彼女の成長のための出来事だったとして、心配する必要はないと結論付けた。

1992年、ミア・ファローは、スン=イーのヌード写真を発見する。彼女は激怒し、スン=イーを家から追い出し、大学の学費を停止。ウディ・アレンに彼女が自暴自棄になっているなどと伝えたという。

同年夏、ミア・ファローは、ウディ・アレンとの養子で、当時7歳だったディラン・ファローが、ウディ・アレンからの性的虐待を受けた告白を行った。この容疑については、ウディ・アレンは当初から否定を続けている。また、イェール-ニューヘブン病院(Yale-New Haven Hospital)の小児虐待専門家チームの調査でも無効だとみなされている。警察によっても捜査が行われたが、不起訴となった。

2人は1997年に結婚した。このことは、ミア・ファローにとって、「ひどい裏切り行為で、彼女に多大なショックを与えた。」としながら、「ミア・ファローにとって最も衝撃なのは、まだ私とアレンが連れ添っていることだろう。」とスン=イーは述べている。

ディラン・ファローら子供たちは反発

スン=イーのインタビュー内容に対して、ディラン・ファローは、「侮辱的な内容だ。」と声明を発表した。性的暴行の疑惑は、証拠に裏打ちされたものであり、「記事は、私を再び被害者にするだけ、私は素晴らしい家庭で育った」と真っ向から反論を述べた。

また、スン=イーと、モーゼス・ファローを除くミア・ファローの8人の子供たちも共同声明を発表した。「我々は母を愛しており、彼女に寄り添う。彼女はいつも思いやりと寛容な心を持つ母親だ。」と述べ、彼女を非難するのは不公平だ。」と、インタビュー内容を批判している。

関連記事

ディラン・ファロー、養父ウディ・アレンからの性的虐待をテレビで初めて告白

ディランファロー 養父ウディアレン監督からの性的虐待をテレビで告発

ウディ・アレンは、疑惑を再び否定。50年間映画業界にいるにもかかわらず、女優からセクハラの噂が全く浮上していないとし、自分はむしろ、#MeTooムーブメントの象徴やシンボルとされるべきだと主張。

ウディアレン監督は#MeTooムーブメントの被害者? むしろ女性の味方と主張

あなたにおすすめ

TOP STORIES