【米中間選挙】上院選 アリゾナ州 カイルステン・シネマ民主党候補が勝利

接戦となっていたアリゾナ州の上院選では12日、集計が進み、民主党のカイルステン・シネマ(Kyrsten Sinema)議員が、マーサ・マクサリー(Martha McSally)下院議員(共和)を下し、当選する見通しとなった。
アリゾナ州上院では、30年ぶりに民主党が議席を確保し、アリゾナ州に初の女性上院議員が誕生することとなった。また、シネマ氏は、バイセクシャルを公表し、米国で初めて当選を果たした上院議員となる。

月曜日の段階で210万票が開票され、シネマ氏が38,197票リード(1.7%)した時点で、AP通信が発表した。
アリゾナ州上院選では、開票翌日、マクサリー氏がわずかにリードしている報道が流れたが、木曜夜の段階でシネマ氏が逆転し、9,000票をリード。その後、徐々に差が広がっていた。The Hillによると現時点で、20万票が未集計だという。

マクサリー氏は電話で、アリゾナ州初の女性上院議員となったシネマ氏にお祝いを述べたという。また、マクサリー氏は支持者に向けてツイッターで報告した。

アリゾナ州では、2016年の大統領選でトランプ大統領が約4パーセントの得票差でヒラリー・クリントン氏に勝利した。大統領は10月19日にフェニックスで集会を開き、マクサリー氏の支持を訴えた。大統領の支持をとりつけたマクサリー氏は、国境の壁建設や警備強化、移民問題などを中心課題に据えていた。一方、シネマ氏は、既往症のカバーをはじめとしたヘルスケアの問題を中心に、有権者の支持を集めて行った。

2018年中間選挙の上院選で共和党と民主党が入れ替わった州は以下の通り。(2018.11.12時点)

  • インディアナ州:マイク・ブラウン氏(共和)が現職のジョー・ドネリー上院議員(民主)に勝利
  • ノースダコタ州:ケビン・ クレイマー氏(共和)が、現職のハイディ・ハイトキャンプ上院議員(民主)に勝利
  • ミズーリ州:ジョシュ・ホーリー氏(共和 現ミズーリー州司法長官)が、現職のクレア・マカスキル上院議員(民主)に勝利
  • ネバダ州:ジャッキー・ローゼン氏(民主)が現職のディーン・ヘラー上院議員(共和)に勝利
  • アリゾナ州:カイルステン・シネマ氏(民主)が、今期で引退するジェフ・フレーク上院議員(共和)の席を獲得