ホームUncategorized祝100 Shacks!!...

祝100 Shacks!! ニューヨーク生まれのシェイクシャックが本日100店舗目をオープン

マディソンスクエアパークでの開店から12年。ニューヨーク発祥のグルメバーガー、シェイクシャックのボストンSeaport店が本日オープン。全世界で100店舗となりました。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

この100店舗目のオープンを記念し、各店舗で無料のハンバーガーを、100個限定で配布するキャンペーンが実施されました。第1号店のマディソンスクエアパーク店には、朝から大勢のシャックファンが詰めかけ、この日をお祝いしました。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

創業者も駆けつけてお祝い!

- Advertisement -

スタッフで記念撮影をするなど、和気あいあいとした雰囲気のなか、ふらりと訪れたのは、なんと創業者であるダニー(Danny)こと、ダニエル マイヤー(Daniel Meyer)さんと、2012年からCEOを務めるランディ ガルッティ(Randy Garutti)さん。スタッフの1人が、ダニーさんをお客さんに紹介すると、大いに盛り上がり、「おめでとう!」「今日はありがとう!」など会話を交わしながら、一緒に写真撮影をする姿が見られました。


©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

急成長するシェイクシャック

シェイクシャックはどのようにスタートしたのでしょうか? 簡単にその歴史をおさらいします。

ユニオンスクエアカフェを成功に導いたことで有名なオーナー、ダニーさんが、マディソンスクエアガーデンの再生事業の一環として、小さなホットドックのカート店よりスタート。
その後、ユニオンスクエアホスピタリーグループ(USHG)より常設のお店を設立する権利を獲得し、2004年の7月に正式にシェイクシャックが誕生しました。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

100%ナチュラルアンガスビーフや放し飼いのチキンを使用したバーガーや、良質のミルクを使用したミルクシェイクは、健康志向の高まりを受け、瞬く間に多くの人に広まっていきました。もともとチェーン化するつもりはなかったそうですが、需要の高まりを受け、チェーン化を決定。(2009年の時点で、お店単価の売り上げは、マクドナルドの実に2倍以上になっていたそう)

2010年には、シアターディストリクトと、アッパーイーストサイド(86th)、また初の州外店舗であるマイアミ店をオープン。2015年にはNYSE(ニューヨーク証券取引所)への上場を果たし、東京の明治神宮外苑内に日本の第1店舗目もオープンしました。

現在はニューヨーク州に21店舗、アメリカ国内は15州、海外は東京、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、ソウルにお店をオープンさせています。

日本は、この秋に国内3店舗目の東京国際フォーラム店がオープンが予定されています。限定メニューもあるそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事世界に4店舗だけ! Shake Shackの朝食スペシャルメニュー


あなたにおすすめ

TOP STORIES