米北東部を雷と激しい暴風雨、トルネードが襲う

15日夕方、雷を伴う激しい暴風雨が米北東部を襲った。abcニュースによると、倒木などで少なくとも5人が死亡。ペンシルベニア州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州では約50万世帯が雷雨や洪水、ヒョウ、強風雨などの影響により一時停電した。ニューヨーク州のケント(Kent)や、パターソン(Patterson)ではトルネードが発生し、一部のエリアでは、ゴルフボール大のひょうが観測された。

ニューヨーク市内の様子

強風により足場が落下する事故が発生。

屋上のプールの水も舞い上がった。

メトロノース(Metro North)鉄道では、線路への倒木により一時運行が停止。アムトラック鉄道もキャンセルとなった。グランドセントラル駅では帰宅途中の人々で溢れかえった。

激しい雨の後は晴れ間が見え、美しい虹が現れた。