ホーム ニュース セリーナ・ウィリアムズに第...

セリーナ・ウィリアムズに第1子女児が誕生

テニス界の女王、セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)に第1子となる女児が誕生した。

WPBF-25ニュースのプロデューサーChris Shepherd氏によると、フロリダのウエストパームビーチにあるセントメアリーメディカルセンター(St. Mary’s Medical Center)で出産。6ポンド13オンス(約3090g)の赤ちゃんで、母子ともに健康だという。

- Advertisement -

現在開催中のUSオープンテニスは、ツイッターで祝福の動画を配信した。

USオープン大会に出場中のビーナス・ウィリアムズ (Venus Williams)は、ESPNのインタビューに答え、「ものすごくエキサイティングよ」と喜びを語った。

セリーナは、4月にSnapchatで妊娠20週目であることを公表。また、雑誌Vanity Fair(ヴァニティ・フェア)のカバーで、マタニティヌードを披露し、婚約者のAlexis Ohanian(アレクシス・オハニアン氏)との出会いなどについて語っている。

現在は、育児のため産休中だが、コーチのパトリック・ムラトグルー氏(Patrick Mouratoglou)は、11月にトレーニングを再開させる予定と話している。セリーナは、来年1月開催の全豪オープンでは、コートに復帰し、2017年の優勝タイトルの防衛を希望しているという。

セリーナ・ウィリアムズ Vanity Fairでマタニティーヌードを披露

TOP STORIES