Advertisement
ホームニュース「コロナでくたばれ」酔っ払...

「コロナでくたばれ」酔っ払いの白人男性 アジア系男性に差別的な暴言、フロリダ

「チャイニーズ・フルでくたばれ。台湾人のチンクめ(中国系、東アジア系へ蔑称)」。

こう罵る白人男性の動画を撮影したのは、フロリダ州デルレイビーチにあるラーメン店「Ramen Lab Eaatery」のオーナー、ルイス・グレイソンさん。

閉店作業中に店の屋外席でピザを食べ始めたため、場所を移動するよう注意したところ、逆上して差別的な暴言を吐きはじめたという。

男性は3人グループで、もう1人のピザを手にした男性は、ひどく酔っ払った様子で「ウォークの軟弱野郎。共産主義者め」などとわめいている。

「丁寧にお願いしているじゃないですか」と述べるグレイソンさんに対して、携帯電話を取り出して撮影を始めるなど、移動を拒む姿勢をみせていたが、女性従業員が警察に通報を始めると、「じゃあな。コロナウイルス。くたばれ。コロナで死んじまえ」と捨て台詞を吐きながら、去って行った。

このほか、グレイソンさんがサン・センチネルに語ったところによると、出身地を聞かれたため、「ここだ」だと答えると「違う。お前は中国出身だ。チンクだ」と罵ったという。

なお、グレイソンさんの家族はタイ出身だという。

グレイソンさんは店のインスタグラムで「われわれはいかなる人種差別、嫌がらせ、差別に反対する」と投稿。「不幸にもこれは胸の痛い経験だが、われわれのスピリットを砕くことはできない」と述べた。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New