自由の女神が難民ウェルカム!?

本日の午後、自由の女神の台座部分に「Refugees Welcome(難民歓迎)」のスローガンが書かれた旗が発見され、各主要メディアがそれを一斉に報じた。

旗の大きさは約6m x 90cmで、台座展望台部分の壁にナイロン製のテープで貼り付けられていたという。
旗を掲げた人物について詳しいことは判明していないが、Alt Lady Libertyというユーザー名でTwitterに画像が出回っている。NBCの質問に対して、アカウントの持ち主は
「フォーマルなグループではない」とし、「理想とするアメリカついて、何か発信する必要があると感じた市民」と、emailで回答したとのこと。

運よく(?)記念撮影をした人も。

Statute of Liberty #NYC

Andy Kahnさん(@andy_kahn)がシェアした投稿 –

旗は、発見後まもなく駆けつけた警備隊によって取り外された。ナショナル・モニュメントに旗などを掲げることは厳しく禁じられていると、公式な注意が呼びかけられた。現在、国立公園警察が調査に当たっているという。