ホームUncategorizedトライベッカで戦争が勃発?...

トライベッカで戦争が勃発?その名も”Post-It War”

ローワーマンハッタンのトライベッカ地区にある2つのビルがポストイットで戦争中、というニュースが話題になったのはつい1週間ほど前のこと。Harrison and Star(住所:75 Varick Street)というメディアエージェンシーがポストイット(付箋)を使って窓に”Hi”と描いたところ、この問いかけに対して、CANAL通りを挟んだ向かいの企業が”SUP?(やぁ、元気?)”と応戦。これに応えるかのように、他の企業の窓にどんどんと絵や文字が増えていったのだという。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

この騒ぎを聞きつけたポストイットの製造元である3Mが、無償でポストイットを補給したことにより、このユニークな戦争は大規模かつ激しいものに。何フロアにもまたがる大型作品まで出現。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

これらビルのテナントには広告代理店やIT関連の企業が多く、グラフィックデザインもなかなかの腕前。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

- Advertisement -

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

激しさを増す戦争に、平和を呼びかけるものも(?)。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

残念ながら、この戦争も5月いっぱいで終結とのこと。製作のため、ピザとビールを持ち込み、夜中まで騒ぎ立てるテナントの従業員に業を煮やしたビルの管理会社が、撤去を命令したのだとか。
短期決戦に終わってしまったポストイット戦争。遊び心のあるニューヨーカーらしいエピソードでした。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

【参考】Post it warの過程はこちらでご覧いただけます。→http://twistedsifter.com

あなたにおすすめ

TOP STORIES