ホーム ニュース 政治 ペロシ下院議長 トランプ氏...

ペロシ下院議長 トランプ氏は修正25条で解任、さもなくば弾劾を

トランプ支持者らが議事堂を襲撃した事件の翌日、民主党のナンシー・ペロシ下院議長は、トランプ大統領は「アメリカに対する武装反乱を扇動した」と厳しく非難。マイク・ペンス副大統領に憲法修正第25条を用いて、大統領を解任するよう求めると語った。

ペロシ氏は「米国民主主義の神殿である議事堂に対して嬉々として行なわれた冒涜、議会を狙った暴力は、国家の歴史を永久に汚す恐怖であり、大統領によって引き起こされたものだ」と批判。トランプ氏は「治安紊乱を呼びかけることで、国家と国民に言い表しようのない暴力を働いた」とした上で、チャック・シューマー議員とともに、直ちに憲法修正25条を発動し、大統領を解任するよう求めると語った。

さらに、マイク・ペンス副大統領と閣僚が行動しないのならば、議会は弾劾の準備を進めると語った。

- Advertisement -

民主党のチャック・シューマー上院院内総務は同日、トランプ氏は1日たりとも職にとどまってはならないとし、迅速に免職する方法は、副大統領が修正25条を発動することだと主張。ペロシ氏と同様、ペンス氏と閣僚が動かない場合、議会は再び弾劾をしなければならないと述べた。

修正第25条4頁では、副大統領と閣僚の過半数が、大統領が義務を果たすことができないことを書面で上院仮議長と下院議長に宣言した場合、副大統領が直ちに大統領代行になると定めている

なおCBSニュースのマーガレット・ブレナン氏は6日夜、閣僚の間で、憲法修正25条の発動に関する協議が行われていると伝えていた。

早急な回答を要求

ペロシ氏とシューマー氏は7日夜に発表した共同声明で、ペンス副大統領からまだ返事がないと発表。「大統領の危険かつ治安妨害行為は、即時解任が必要だ」と述べ、一刻も早く「憲法と国民への誓いを守るのか、前向きな答えを受けることを心待ちにしている」と発表した。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES