ジョー・バイデン大統領は20日、80歳の誕生日を迎えた。80代の現役大統領は米史上初めて。1期目終了時には82歳となり、再選した場合、退任時の年齢は86歳になる。

中間選挙後の会見で、バイデン氏は、再選を目指す意向を示しつつ、「最終的には家族の決断だ。みんなが出馬を望んでいると思うが、話し合うつもりだ」と家族の意向を汲んだ上で判断する考えを語った。

先週USA Todayとイプソスが実施した世論調査では、民主党有権者の71%が、バイデン氏が再び出馬した場合、勝利できると自信を示した。8月の60%から11%上昇し、中間選挙での予想を上回る民主党の善戦が評価される形となった。

一方、バイデン氏の会見の翌週、前任者のトランプ氏(76)は、フロリダ州の自宅マールアラーゴに数百人の支持者を集め、盛大に出馬表明を行った。トランプ氏の2017年就任時の年齢は70歳で、バイデン氏に敗北するまで歴代一位だった。

もしバイデン氏とトランプ氏の再対決が実現すれば、2024年の11月5日の選挙日時点でそれぞれ81歳と78歳となる。

歴代大統領 年齢トップ10(就任日)

1位:ジョー・バイデン第46代大統領 78歳 (2021年1月21日)

2位:ドナルド・トランプ第45代大統領 70歳(2017年1月20日)

3位:ロナルド・レーガン第40代大統領 69歳(1981年1月20日)

4位:ウィリアム・ヘンリー・ハリソン第9代大統領 68歳(1841年3月4日)

5位:ジェームズ・ブキャナン第15代大統領 65歳(1857年3月4日)

6位:ザカリー・テイラー第12代大統領 64歳(1849年3月4日)

7位:ジョージH. W.ブッシュ第41代大統領 64歳(1989年1月20日)

8位:ドワイトD.アイゼンハワー第34代大統領 62歳(1953年1月20日)

9位:ジョン・アダムス第2代大統領 61歳(1797年3月4日)

10位:アンドリュー・ジャクソン第7代大統領 61歳(1829年3月4日)

若くして大統領になったのは

1位:セオドア・ルーズベルト第26代大統領 42歳 (1901年9月14日)

2位:ジョンF.ケネディ第35代大統領 43歳(1961年1月20日)

3位:ユリシーズS.グラント第18代大統領 46歳(1869年3月4日)

4位:ビル・クリントン第42代大統領 46歳(1993年1月20日)

5位:グロバー・クリーブランド第22代大統領 47歳(1885年3月4日)

6位:バラク・オバマ第44代大統領 47歳(2009年1月20日)

7位:フランクリン・ピアース第14代大統領 48歳(1853年3月4日)

8位:ジェームズ・K・ポーク第11代大統領 49歳(1845年3月4日)

9位:ジェームズ・A・ガーフィールド第20代大統領 49歳(1881年3月4日)

10位:ミラード・フィルモア第13代大統領 50歳(1850年7月9日)