Advertisement
ホームニュースタイムズスクエア駅でライフ...

タイムズスクエア駅でライフル所持の男 NY市警察が逮捕

ニューヨーク市警察(NYPD)16日、タイムズスクエア駅でライフルを所持していた男を拘束した。

NBCニューヨークによると、男は午後12時半ごろ、A/C/Eラインのタイムズスクエアの駅構内でバックパックから半自動小銃を取り出し、床に置いたという。
パトロール中の警察官が確認したところ、銃は弾が抜かれていた。しかし、所持品の中から、弾の入った弾倉やガスマスクが見つかった。ニューヨークポスト紙は、所持していたのは自動小銃「AK-47」だと報じている。

男の名は、オハイオ州出身のサディック・ティーグ(Saadiq Teague)容疑者(18)。ティーグ容疑者は、友人と共にニューヨークを訪れていた。警察がホテルの部屋を捜索したところ、マリファナと吸引用のパイプが発見された。銃は合法的に所持していると主張しているという。

NYPDは5時半ごろ、弾の入っていないライフルを所持していた男を逮捕したと発表。公共の安全に対する脅威はないとしている。

移送されるティーグ容疑者

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New