ホーム ニュース 政治 「お誕生日会に誰も来なかっ...

「お誕生日会に誰も来なかったのか?」オバマ氏、トランプ氏の群衆自慢に皮肉

大統領選を3日後に控えた31日、オバマ前大統領が、ジョー・バイデン氏のミシガン州の集会に駆けつけ、支持を呼びかけた。

オバマ氏は演説中「トランプ氏が最初からコロナウイルスに集中していたならば、全国の感染者数が最多を記録することなどなかったはずだ」とトランプ氏の新型コロナウイルスの対応を批判。

「彼が集会を開いた一部の地域では、彼が去った後に感染が上昇しているのだ。ちょうど発表されたばかりのスタンフォード大学の調査は、彼が開いた集会が原因で、数千人が病気になった可能性を示している」と語った。

- Advertisement -

スタンフォード大学の研究者は、30日に発表したケーススタディで、6月18日から9月26日にトランプ氏が開催した18回の集会で、30,000人が感染し、結果的に700人が死亡した可能性があると報告した。

オバマ氏は「ところで、彼が執着しているのは群集のサイズだ。気が付いたか?」と続け、「彼はいつもこれを気にかけている。成功をはかる一つの尺度なのだ。彼は就任式の群集が私の時よりも小さかったことをいまだに気にかけているのだ」と語った。「これ以外に心配することはないのか?子供の頃の誕生日会に誰もこなかったのか?トラウマになっているのか?群衆って何のことだ」と皮肉を述べた。

さらに「国家はパンデミックの真っ最中だ。群衆など心配することではない」と語り、「これこそがジョー・バイデンとトランプの違いなのだ。トランプはエゴを満たすことを気にかけているが、ジョーは君たちと君たちの家族の安全を守ることを気にしているのだ」と語った。

TOP STORIES

Recommended stories