ホームニュースエンターテイメントニューヨークフィルムフェス...

ニューヨークフィルムフェスティバル2018ラインナップ 今年のみどころは?

9月28日からニューヨークフィルムフェスティバル(NYFF)が開催される。

オープニングナイト作品には、ヨルゴス・ランティモス監督の『ザ・フェイヴァリット』(The Favourite)。センターピースには、アルフォンソ・キュアロン監督が故郷メキシコでメガホンを取ったベネチア映画祭の金獅子賞受賞作品『ローマ』(ROMA)。クロージングナイトには、ニューヨーク出身のジュリアン・シュナーベル監督が晩年のゴッホを描いた『アット・ エターニティーズ・ゲイト』(At Eternity’s Gate)が登場する。

ニューヨーク映画祭2018
L to R: If Beale Street Could Talk, The Image Book, The Ballad of Buster Scruggs, Cold War, 3 Faces, Wildlife, Long Day’s Journey Into Night, Non-Fiction©NYFF

Netflixのドラマを映画化したコーエン兄弟の『バスターのバラード』(The Ballad of Buster Scruggs)が北米プレミアとなるほか、アカデミー作品賞『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督の『イフ・ビール・ストリート・クッド・トーク』(If Beale Street Could Talk)や、ドキュメンタリー作家、フレデリック・ワイズマン監督の最新作『インディアナ』(Monrovia)、フランス人女性映画監督クレール・ドニ(Claire Denis)の初の英語作品『ハイ・ライフ』(High Life)、ジャン=リュック・ゴダール監督の『ザ・イメージ・ブック』 (The Image Book)などの話題作がそろう。

日本からは、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』、濱口竜介監督の『寝ても覚めても』が上映される。

NYFFは、9月28日から10月14日まで。現在チケットは公式サイトにて発売中。

『ザ・フェイヴァリット』(The Favourite)

オープニングナイト
監督:ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos), Ireland/UK/USA, 2018, 121m
キャスト:レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz), エマ・ストーン(Emma Stone), オリヴィア・コールマン(Olivia Colman)、ニコラス・ホルト(Nicholas Hoult)、ジョー・アルウィン(Joe Alwyn)他。
「ロブスター」の監督、ギリシャ出身のヨルゴス・ランティモス監督による歴史ドラマ。

【物語】18世紀のイングランドの王室社会を舞台に繰り広げられる、女性たちの野心や駆け引きを描く。同国はフランスとの戦争下に置かれているが、王室の議員たちは、贅沢な暮らしを楽んでいる。王女アン(オリヴィア・コールマン)は病気で、実質的には友人のサラ(レイチェル・ワイズ)が国を統治している。そこに、召使いとして働くことになったアビゲイル(エマ・ストーン)が現れる。アビゲイルは、サラに気に入られ、彼女の片腕として王室で昇進を重ねていく。野心家のアビゲイルは、サラとの友情を利用し、次第に、アン女王に近づいていく。
第75回ベネチア映画祭審査員大賞(Grand Jury Prize)受賞。2019年2月日本公開。
(Fox Searchlight Pictures)

『ローマ』(ROMA)

センターピース
監督: アルフォンソ・キュアロン (Alfonso Cuarón), Mexico/USA, 2018, 135m
「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督が自身の体験談を元に、1970年代前半のメキシコシティーの日常を描いたドラマ。
第75回ベネチア映画祭金獅子賞受賞。
Netflix

『アット・ エターニティーズ・ゲイト』(At Eternity’s Gate)

クロージングナイト/North American Premiere
監督:ジュリアン・シュナーベル (Julian Schnabel), USA/France, 2018, 106m
キャスト:ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)、オスカー・アイザック(Oscar Isaac)、ルパート・フレンド(Rupert Friend)、マチュー・アマルリック(Mathieu Amalric)、エマニュエル・セニエ(Emmanuelle Seigner)、マッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)
「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベル監督の新作。ゴッホの晩年を美しく鮮やかに描く。
CBS Films

『スリー・フェイシズ』(3 Faces)

U.S. Premiere
監督:ジャファール・パナヒ(Jafar Panahi), Iran, 2018, 100m
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品。

『寝ても覚めても』(Asako I & II)

U.S. Premiere
監督:濱口竜介 (Ryûsuke Hamaguchi), Japan/France, 2018, 119m
キャスト:唐田えりか(Erika Karata)、東出昌大(Masahiro Higashide)
柴崎友香の恋愛小説を映画化。4人の女性の日常と友情を描く。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品。A Grasshopper Film

『江湖児女』(Ash Is Purest White)

U.S. Premiere
監督:ジャ・ジャンクー (Jia Zhangke), China, 2018, 142m
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品。
A Cohen Media Group

『バスターのバラード』(The Ballad of Buster Scruggs)

North American Premiere
監督:ジョエル・イーサン・コーエン(Joel Coen & Ethan Coen), USA, 2018, 128
キャスト:ティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson), ジェームズ・フランコ(james Franco), ゾーイ・カザン(Liam Neeson Zoe Kazan)
ネットフリックス製作の西部劇アンソロジードラマを映画化。

『バーニング』(Burning)

監督: イ・チャンドン (Lee Chang-dong), South Korea, 2018, 148m
村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を原作としたドラマ。
Well Go USA

『コールド・ウォー』(Cold War)

監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(Paweł Pawlikowski) , Poland, 2018, 90m
キャスト:ヨアンナ・クーリグ(Joanna Kulig)
冷戦下のポーランドやパリを舞台に、師弟関係にある男女2人の音楽家の愛を1940年から1960年にに渡って描いたドラマ。第71回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品。
Amazon Studios

『フェイスフル・マン』(A Faithful Man/L’Homme fidèle)

U.S. Premiere
監督:ルイ・ガレル(Louis Garrel), France, 2018, 75m
キャスト:ルイ・ガレル(Louis Garrel), レティシア・カスタ (Laetitia Casta). リリー=ローズ・デップ(Lily-Rose Depp)。

『ファミリー・ツアー』(A Family Tour)

U.S. Premiere
監督:イン・リャン(Ying Liang), Taiwan/Hong Kong/Singapore/Malaysia, 2018, 107m

『ラ・フロー』(La Flor)

North American Premiere
監督:マリアーノ・リナス(Mariano Llinás), Argentina, 2018, 807m

『グラス』(Grass)

North American Premiere
監督:ホン・サンス(Hong Sangsoo), South Korea, 2018, 66m
キャスト:キム・ミニ(Kim Min-hee), チョン・ジニョン(Jung Jin-young)
Cinema Guild

『ハッピー・アズ・ラザロ』(Happy as Lazzaro/Lazzaro felice)

監督:アリーチェ・ロルヴァケル(Alice Rohrwacher), イタリア, 2018, 128m
Netflix

『ハー・スメル』(Her Smell)

U.S. Premiere
監督:アレックス・ロス・ペリー(Alex Ross Perry), USA, 2018, 134m
キャスト:エリザベス・モス(Elisabeth Moss), カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne), アシュレイ・ベンソン(Ashley Benson), アンバー・ハード(Amber Heard), ヴァージニア・マドセン(Virginia Madsen), ダン・スティーヴンス(Dan Stevens), エリック・ストルツ(Eric Stoltz)
エリザベス・モスがパンクロッカーを演じる。

『ハイ・ライフ』(High Life)

U.S. Premiere
監督:クレール・ドニ(Claire Denis), Germany/France/USA/UK/Poland, 2018, 110m
キャスト:ロバート・パティンソン(Robert Pattinson), ジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche), アンドレ・ベンジャミン(André Benjamin), ミア・ゴス(Mia Goth).
フランス人女性映画監督クレール・ドニによる監督初の英語作品。

『ホテル・バイ・ザ・リバー』(Hotel by the River)

U.S. Premiere
監督:ホン・サンス(Hong Sangsoo),韓国, 2018, 96m
キャスト:キ・ジュボン(Ki Joo-bong), キム・ミニ(Kim Min-hee)

『イフ・ビール・ストリート・クッド・トーク』(If Beale Street Could Talk)

監督:バリー・ジェンキンス(Barry Jenkins), 米国, 2018
キャスト:ステファン・ジェームス(Stephan James), キキ・レイン(KiKi Layne)
Annapurna Pictures

『ザ・イメージ・ブック』(The Image Book/Le Livre d’image)

U.S. Premiere
監督:ジャン=リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard), Switzerland, 2018, 90m
カンヌ国際映画祭、スペシャル・パルムドール受賞作品。A Kino Lorber

『イン・マイ・ルーム』(In My Room)

U.S. Premiere
監督:ウルリヒ・ケーラー(Ulrich Köhler), Germany, 2018, 119m
Grasshopper Film

『ロング・デイズ・ジャーニー・イントゥ・ナイト』(Long Day’s Journey Into Night)

U.S. Premiere
監督:ビー・ガン(Bi Gan), China/France, 2018, 133m

『インディアナ』(Monrovia, Indiana)

U.S. Premiere
監督:フレデリック・ワイズマン(Frederick Wiseman), USA, 2018, 143m
ドキュメンタリー作家、フレデリック・ワイズマン監督の最新作。
ヴェネチア国際映画祭特別招待作。
A Zipporah Films

『ノン・フィクション』(Non-Fiction/Doubles vies)

監督:オリヴィエ・アサヤス(Olivier Assayas), France, 2018, 106m
キャスト:ジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche), ヴァンサン・マケーニュ(Vincent Macaigne),
ベネチア国際映画祭2018出品作品。
Sundance Selects

『プライベート・ライフ』(Private Life)

監督:タマラ・ジェンキンス(Tamara Jenkins) USA, 2017, 123m
キャスト:キャアスリン・ハーン(Kathryn Hahn), ポール・ジアマッティ(Paul Giamatti), ジョン・キャロル・リンチ(John Carroll Lynch), モリー・シャノン(Molly Shannon) 。
Netflix

『レイ・アンド・ビズ』(RAY & LIZ)

U.S. Premiere
監督:リチャード・ビリンガム(Richard Billingham), UK, 2018, 107m
キャスト:エラ・スミス(Ella Smith), ジャスティン・サリンジャー(Justin Salinger), パトリック・レーマー(Patrick Romer), トニー・ウェイ(Tony Way), サム・ギッティンズ(Sam Gittins), (Joshua Millard-Lloyd)
英国の写真家のリチャード・ビリンガムの初長編監督デビュー作。

『万引き家族』(Shoplifters)

監督:是枝裕和(Hirokazu Kore-eda), Japan, 2018, 121m
キャスト:リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラ、佐々木みゆ他
万引きで生活費を賄う模擬家族と、迎え入れた少女との交流を描く。
第71回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。
Magnolia Pictures

『ソーリー・エンジェル』(Sorry Angel)

North American Premiere
監督:クリストフ・オノレ(Christophe Honoré), France, 2018, 132m
キャスト:ピエール・ドゥラドンシヤン(Pierre Deladonchamps),ヴァンサン・ラコスト(Vincent Lacoste),
Strand Releasing

『トゥー・レイト・トゥ・ダイ・ヤング』(Too Late to Die Young)

U.S. Premiere
監督:ドミンガ・ソトマイヨール(Dominga Sotomayor), Chile/Brazil/Argentina/Netherlands/Qatar, 2018, 110m

『トランジット』(Transit)

U.S. Premiere
監督:クリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold), Germany/France, 2018, 101m
キャスト:フランツ・ロゴスキー(Franz Rogowski), ポーラ・ビール(Paula Beer).
ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。

『ワイルドライフ』(Wildlife)

監督:ポール・ダノ(Paul Dano), USA, 2018, 104m
キャスト:ジェイク・ジレンホール(Jake Gyllenhaal), キャリー・マリガン(Carey Mulligan) , エド・オクセンボウルド(Ed Oxenbould)
原作は、ピュリッツァー賞受賞作家のリチャード・フォードが1990年に発表した小説。
IFC Films

NYFF

期間:2018年9月28日-10月14日
公式サイト

あなたにおすすめ

TOP STORIES