ニューヨーク市の感染者2万人超。24時間で88人死亡

ニューヨーク市の新型コロナウイルスの感染者は、昨日より4,414人増え、20,011人に達した。死者は1日で88人増え、280人となった。

クイーンズは市内で最も多くの感染が確認されており、昨日より1,753人増の6,420人となった。ブルックリンは5,232人、マンハッタンは3,616人、ブロンクスは3,542人、スタテン島は1,166人となっている。入院中の患者は3,750人で、少なくとも840人が集中治療室(ICU)で治療を受けている。

クイーンズのエルムハースト病院(Elmhurst Hospital)では、1日で13人が死亡した。院内は患者であふれ、外に設置された簡易検査施設には、症状をうったえ、検査を希望する人々の行列ができている。

総合内科の研修医、アシュリー・ブレイさんはニューヨークタイムズに対し、医療用品や医療機器も不足しており、「この世の終わりのようだ。」と様子を語った。これまで健康だった若者の患者も多いという。また、緊急治療室に搬送されたまま亡くなった人もいると語った。同紙が投稿した動画には、亡くなった人を保管する大型の冷蔵トラックが、病院に横付けされている様子が映っている。

市保健当局は声明で「エルムハーストは危機の中心であり、公立病院システムの最優先事項だ。スタッフたちは、限界を越えた仕事を行っている。」と状況を説明。今後医師や看護師の増員、マスクや防護服などのPPEや、人工呼吸器などを追加で投入すると発表した。市民に対しては「家にいること。また、軽度から中等度の症状の人は、救急治療を求めないように。」と協力を呼びかけた。