ホーム ニュース ニューヨーク NY市警察、16歳の少年に...

NY市警察、16歳の少年にテーザー銃と暴行。内部調査へ

略奪が発生したブロンクスで1日、ニューヨーク市警察が16歳の少年を拘束する際、テーザー銃を発砲した上、暴行を加えていたことが分かった。

ニューヨークデイリーニュースによると、暴行されたJahmel Leachさんは、略奪があったフォーダムロード(Fordham Road)にいたが、プロテスターを見ていただけで、略奪行為には一切加わっていないと主張している。警察官が未成年を逮捕する際、家族への報告が必要とされるが、連絡は一切なかったという。家族が病院に駆けつけた時、少年の顔は、血まみれで腫れていた。

少年の親族は声明で、警察官はLeachさんに3発のティーザー銃を放ったと発表。頭と足、肩にあたり、少年は全ての歯を失う可能性があると述べている。
警察官は、彼の身長が高かったため、撃った時大人に見えたと述べ、謝罪したという。

- Advertisement -

NBCニューヨークによると、捜査当局はLeachさんを略奪の容疑者とみなしている。携帯ショップのTモバイルから走り去る姿や、ゴミ箱に放火する姿が防犯カメラに映っているという。拘束時に商品は発見されなかったが、軽犯罪の容疑で起訴された。

デブラシオ市長は10日、Leachさんの家族と話しをしたと述べ、NYPDが内部調査を開始したと発表。
Leachさんは4日、ブルックリンで開催されたジョージ・フロイドさんの追悼集会に参加。デブラシオ市長やジュマーニ・ウィリアムズ市政監督官と対面し、自身が受けた警察官の暴力について話を行ったという。

TOP STORIES

Recommended stories