ホーム ニュース ニューヨーク NY市「ソーシャルディスタ...

NY市「ソーシャルディスタンス・アンバサダー」2,300人を動員

ニューヨークのデブラシオ市長は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、「ソーシャル・ディスタンシング・アンバサダー」を1,000人から2,300人に増員すると発表。公共の場でのマスク着用や、社会的距離の徹底を求めると述べた。

アンバサダーは、警察官以外の職員で構成され、公園などでのマスク配布や、ソーシャルディスタンスの重要性に関する啓蒙活動を行う。

市は8日、混雑が報告されたハドソンリバーパークや、ウィリアムズバーグのドミノパークなど一部の公園で、入場制限を行うと発表した。

- Advertisement -

ロウアーイーストサイドでは先週、ソーシャル・ディスタンス違反をめぐり、複数の逮捕者が出ている。警察官が、拘束時に暴行する動画が投稿され、行きすぎた取り締りだと非難の声が上がった。
ブルックリンでは、逮捕者の90%が黒人だった。エリック・アダムス(Eric Adams)区長は、警察官が、黒人とヒスパニックが住むエリアをターゲットしており、ストップ・アンド・フリスク(呼び止めによる身体検査)だと批判している。

デブラシオ氏は、ロウアーイーストサイドの件について「大変困惑している。警備に対する誤ったアプローチだ。」と語った。一方で、860万人のニューヨーカーに影響を及ぼすことを考慮すれば、召喚状や逮捕者の数は、極めて少ないと述べた。

9日のニューヨーク市の新規感染者数は69人となった。ICUで治療中の患者数は540人となっている。また、感染者で川崎病に似た症状を発症した子供の数は、38人だった。先週月曜日の時点では15人だったが、2倍以上となった。
10日現在の累計感染者数は178,766人、死者数は19,931人(推定死者数5,178人を含む)となっている。

TOP STORIES

Recommended stories