170名参加の船上パーティで逮捕者、NYで違法な集会相次ぐ

大規模な集会を禁止しているニューヨーク市で週末、ソーシャルディスタンスの規定に違反したパーティが相次いで報告された。

船上パーティでは逮捕者

2日夜、定員数600人のクルーズ船「Liberty Belle」では、170名以上のゲストが参加し、パーティが開催された。gothaminstによると、午後8時30分にロウアーイーストサイドのピア36を出発した船は、3時間後に帰港しし、主催者や船の所有者が逮捕された。

主催者の2人は、酒類を無免許で販売し、ソーシャルディスタンスの規定に違反したとして、裁判所への出頭を命じられた。また船の所有者は、適切な識別表示を行っていなかったとして、召喚状が出された。

船上パーティは、近くに住む自治会長が、大勢が集まったイベントが行われているのを発見し、マンハッタンの区長らにSNSで通報した。自治会長のホランド氏は、集団を見た時は驚いたと述べ、「明らかに近隣住民への脅威であり、我々が取り組もうとしている全てのことに反するものだ。」とニューヨークタイムズに語っている。

ブルックリンのグリーンポイントでは、コシチュシュコ・ブリッジ(Kosciuszko Bridge)のたもとで、レイブが開催された

先週末は、ロングアイランドのハンプトンズで開催されたザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)のチャリティ・パーティに約3,000人が参加し話題となった。
クオモ知事は、コンサートは公共の安全を危険にさらすため違法だとして、同イベントを非難していた。

新規感染者の10%はパーティ参加者

ウイルスに暴露した可能性のある人を追跡する「テスティング&トレーサープログラム」によると、最近市内で陽性が確認された感染者のうち、10%から20%が感染リスクのある集会に参加していたことがわかった

なおトレーサープログラムのシニアアドバイザーJay Varma博士は、野外での大規模なイベントでクラスターが発生したという形跡はないと述べている。

デブラシオ市長は3日、野外よりも屋内で開催されるイベントがより重大な懸念事項であると述べつつ、大規模な野外集会は実施すべきではないと語った。