ホーム ニュース ニューヨーク NY市警察、メイシーズ旗艦...

NY市警察、メイシーズ旗艦店の略奪映像公開

ニューヨーク市警察(NYPD)は9日、先週略奪があったメイシーズ・ヘラルドスクエア店の防犯カメラの映像を公開し、情報提供を呼びかけた。

強盗があったのは、1日午後10時前。被害額は約1万ドル(約110万円)と見られている。防犯カメラの映像には、10人以上の若者が、ハンマーなどで入口のドアを破り、バッグなどを持ち出す様子が映っている。

前日の午後11時には、ブルックリンのフルトンストリートにあるメイシーズでも強盗が発生している。同店では、2万9000ドル(約310万円)相当の宝飾品が盗まれた。防犯カメラには、ハンマーでジュエリーのディスプレイケースを叩き割る様子が映っている。発表によると、メイシーズで略奪を行った男性2人は、午後8時にマンハッタンにあるCVSでも強盗をはたらいている。

抗議デモに乗じた略奪は2,300件以上

- Advertisement -

ニューヨークでは31日以降、ソーホーミッドタウンなど広範なエリアで、アパレル店や電化製品店、化粧品店、ドラッグストアなどが、デモに乗じた略奪被害に合っている。

©mashupNY
©mashupNY

ニューヨークポスト紙によると、1日は2,330件の強盗が報告されている。31日は492件だった。2日は306件へと減少した。NYPDが逮捕した略奪者は6日現在、75人となっている。
この中には、逮捕時にディオールやドルチェ&ガッバーナ、シャネルなどの盗難したブランド品を着用していた者も含まれる。

逮捕された略奪者の年齢は18歳から56歳だった。多くは、ニューヨーク市在住の20代で、州外は数名程度だった。

略奪や破壊行為が多発していることに関し、フロイドさんの弟のテレンスさんは、4日ブルックリンで開催された追悼集会で「抗議を誇りに思うが、破壊は誇りではない。それは私の兄ではない。フロイド家は敬虔な一家だ。」と述べた。

TOP STORIES

Recommended stories