ホーム ニュース ニューヨーク NY市、対面授業が半年ぶり...

NY市、対面授業が半年ぶりに再開。早くも閉鎖の学校も

- Advertisement -

1日、ニューヨーク市では中学校と高校の対面授業が約半年ぶりに再開した。ニューヨークタイムズによると、全生徒のうち約半数の50万人が学校に復帰した。授業は、遠隔と対面のハイブリッド形式で行う。残りの48万人はオンライン学習のみを選択している。

再開計画は教員組合の反対などにより、当初の計画から2度延期され、幼稚園から段階的に対面授業を再開することが決定した。
先週末には、校長組合が市の対応が不十分だとして、州の介入を求めるなどの動きもあった。

クイーンズでは学校閉鎖も

abcニューヨークは同日、クイーンズのエルムハーストにある学校The John F. Kennedy Jr Schoolで、2名の新型コロナウイルスの感染者が確認されたことにより、学校が閉鎖されたと報じた。
gothamistによると、同校は幼稚園を併設しており、9月21日より学校を再開していた。学校は10月13日まで閉鎖され、授業はオンラインで実施される。

なお市の規定では、市の7日間の移動平均の陽性率が3%を超えた場合、全ての公立学校を閉鎖すると定めている。

TOP STORIES

Recommended stories