Advertisement
ホームニュース高額ワクチンくじ!ニューヨ...

高額ワクチンくじ!ニューヨーク市も検討

ニューヨーク市のデブラシオ市長は19日の会見で、住民へのワクチン接種を促進するため、くじなどの実施を検討していることを明らかにした。

先週、オハイオ州のデワイン知事は、ワクチン接種者を対象に、賞金額100万ドル(1.1億円)の抽選を行うと発表した。

デブラシオ氏は「全国のモデルを検討しており、くじのアイデアは非常に興味深い。検討した上で、何らかの発表を行う」と語った。

ニューヨーク市では現在、市民の59%に相当する380万人が少なくとも1回の接種を受けた。49%が接種を完了している。また、18日の新規感染者は537人で、7日間平均の陽性率は1.44%だった。過去7カ月間で最も低い数字を記録している。

ニューヨークではワクチン接種を促すため、美術館や博物館の無料入場券や、シティバイクの2週間メンバーシップ、シェイクシャックのギフトカード、地下鉄の7日間の無料乗車券など様々なインセンティブを提供してきた。最近では、ブルックリンネッツの優勝決定戦のチケットが抽選で当たると発表している。

デブラシオ氏は、これらのインセンティブに加え、バスを使った移動式の接種会場や、より地元に近い会場の設置、予約を不要にすることで、ワクチンの接種は順調に進んでいると述べた。

TOP STORIES

What's New