ロウアーマンハッタンのトラック突入テロ事件 犠牲になった人々

10月31日、ニューヨークのロウアーマンハッタンで発生した暴走トラックによるテロ事件により、8名が死亡し、少なくとも12名が負傷した。容疑者のサイフロ・サイポフ(Sayfullo Saipov)(29)の車からは、イスラム国(ISIS)に忠誠を誓うメモが見つかり、その後の調べでは、同グループのため犯行を行ったことを示唆しているという。

8人の犠牲者のうち、5名はアルゼンチン国籍の旅行者。Hernan Diego Mendozaさん, Diego Enrique Angeliniさん, Alejandro Damian Pagnuccoさん, Ariel Erlijさん、Hernan Ferrucさん。
30年来の友人であるグループは、ボストン在住の友人の卒業記念日を祝うため、ニューヨークを訪れていた。
事件に遭う前、ウォーターフロント沿いを自転車で走る姿を撮影された映像や、空港で撮影された記念写真が公開された。

ベルギー国籍を持ち、2人の息子の母親であるAnn-Laure Decadtさんも犠牲となった。2人の姉妹と母親と、ニューヨークを訪れていたという。

Advertisement

2人のアメリカ人が犠牲に

ニュージャージー在住のダーレン・ドレイク(Darren Drake)さん(32)。格付け会社ムーディーズのアナリシスト。15分の休憩時間中、自転車で外出している間に、事件に巻き込まれた。
父親のジミー・ドレイク(Jimmy Drake)さんは、「犯人への怒りではなく、ただ打ちのめされた気分です。」とインタビューに答えた。
ダーレンさんは、最近減量の手術をし、健康を維持するため、自転車でエクササイズを行っていたという。nbc newyorkによると、ドレイクさんは、昨年ホーボーケンで起きた列車事故の際、数分の差で事故に遭った列車に乗り過ごし、難を免れた。また、ラスベガスで起きた銃事件では、数週間前にマンダレーベイホテルに宿泊していたという。

マンハッタンのウエストヴィレッジ在住のニコラス・クリーブズ(Nicholas Cleves)さん(23)。Facebookによると、ソフトウエアのエンジニアとして働いていた。

衝突したスクールバスの中には、子供たちが乗車していた。2人のスタッフと生徒が怪我をしている。

ダウンタウンのFoley Squareでは、犠牲者を哀悼し、キャンドルや花束が添えられた。

エンパイアステートビルディングも明かりを落とした。

トラック突入テロ 犠牲者
©mashupNY

1日(火)FBIは、事件に関連する人物として、Mukhammadzoir Kadirovを指名手配した。