kusama yayoi
Kusama with Pumpkin, 2010 ©YAYOI KUSAMA. Courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo / Singapore / Shanghai; Victoria Miro, London; David Zwirner, New York

ブロンクスにあるニューヨーク植物園(NYBG)は28日、草間彌生氏の展覧会「KUSAMA: Cosmic Nature」を4月10日から10月31日まで開催すると発表した。前売り券は3月16日より公式サイトで販売する。

同展覧会は当初、昨年5月9日から開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。
NYBGによると、草間氏は「私とNYBGの方々がこの展覧会に注ぎ込んだ情熱はまだ燃えてます。皆が待ってくれることを願います」と延期の決定を支持してくれたという。NYBGは声明で「またとないプレゼンテーションを心待ちにしてれたお客様に大変感謝しています」と語った。

展覧会は、ハウプト温室やルーエスター T. メルツ図書館など、約100ヘクタールの広大な敷地全体を使って開催される。新たに製作された4作品に加え、多くが米国で初めて公開される。
「Flower Obsession」(2017/2021)や、高さ5メートル超のパンプキンの彫刻「Dancing Pumpkin」(2020)、イエローフェイスにポルカドットがついた「Want to Fly to the Universe」(2020)のほか、屋外にはインフィニティ・ミラー・ルーム「Infinity Mirrored Room—Illusion Inside the Heart 」(2020)を展示する。

Infinity Mirrored Room—Illusion Inside the Heart, 2020 Courtesy of Ota Fine Arts, Victoria Miro, and David Zwirner

NYBGは、生涯を通じて自然との関わりをテーマに作品を創作し続けてきた草間氏に関する、史上初めての包括的な探求になるとしている。
展覧会は春から秋まで3シーズン開催され、季節の花々とともに作品を鑑賞することができる。