ホームニュースNY州でウィンターストーム...

NY州でウィンターストーム警報。市内は降雪量43センチを予想

米国立気象局(NWS)は31日、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州のトライステートエリアとロードアイランド州にウィンターストーム警報を発令した。
31日午後7時から、2日午前7時までのニューヨーク市内の降雪は43センチ(17インチ)を予想している。

NWS

NWSは、風速18メートルから22メートルの突風を伴う強風に警戒を呼びかけたほか、クイーンズのジャマイカ湾の一部では月曜日に洪水警報が出された。

デブラシオ市長は、市内の公立学校の対面授業を中止し、オンライン学習に切り替えると発表した。
またワクチン接種の予約や、飲食店の屋外飲食プログラムも中止となった。ホームレスの救援対策として、シェルターへの退避を徹底する「コードブルー」も発令された。

- Advertisement -

今シーズン、ノーイースターがニューヨークに到来するのは2回目となる。昨年12月18日のウィンターストーム「ゲイル」(Gail)は、セントラルパークで25センチ(10インチ)の積雪を記録。2016年以来の大雪で、2018年全体の積雪量を上回った。

あなたにおすすめ

TOP STORIES