爆発物郵送の容疑者逮捕 トランプ大統領は「メディアが反対票稼ぎに利用」と非難

前大統領や前国務長官など著名な公人や民主党議員らに宛てた郵送物から爆発物が押収された事件で、捜査当局は26日、フロリダで50代の容疑者を逮捕した。

逮捕後、ノースカロライナ州の集会に向かう途中、トランプ大統領は記者団の質問に答えた。


大統領は、捜査関係者に賛辞を送る一方、容疑者の車に大統領支持を表すステッカーが貼られていたことについて、「知らない。他の人々よりも私を好んでいると聞いている」と述べた。一方、メディアに対する攻撃的な発言について、「本当のことをいうと、私は控えてきたと思っている。」と述べ、「さらに強めてもよい。ご存知の通り、メディアは極端に私と共和党に対して不公平だ。」と、これまでのレトリックを改めない姿勢を示した。

午後7時過ぎからスタートしたノースカロライナ州の演説では、事件に触れるとともに、メディアの責任について語った。

演説冒頭、事件について「政治的暴力は、アメリカでは決して許されない。私はそれをやめさせるために、いかなる権力行使も辞さない。」と述べた。また「最近、論調や礼儀について全国的に議論が交わされているのを聞いていると思うが、もし個人を破壊するような政治手法をやめることができるなら、全員が得をする。我々は平和と愛、調和の元で一体とならなければならない。」と、24日のウィスコンシン州の集会と同様の論調を展開。
一方、「メディアは、自らの意思に関わらず、主な役割を担っている。実際のところ、風潮やすべてにおいて主たる役割を担っている。」と支持者らの対立的な風潮の責任をメディアのものと主張。「メディアの間断ない不公平な記事、深い敵意、否定的な攻撃は、人々を引き離し、健全な議論を損なうだけだ。」と述べ、事件の容疑者逮捕をメディアが「私と共和党の反対票稼ぎに利用している」と非難した。
また、昨年、バーニー・サンダース議員の支持者が野球の練習中だった共和党議員らに発砲し、共和党のスティーブ・スカリス下院議員が負傷したことを持ち出し、「我々は、凶悪な大量殺人を政治的利益に使用しなかった。」と、牽制した。さらに、北朝鮮やプーチン大統領の会談など、重大な成果について、メディアの報道の94%が否定的だと不満を述べた。