ホームニュースネイサンズホットドッグ早食...

ネイサンズホットドッグ早食い大会、観客入りで開催へ NY市

独立記念日の恒例イベント、ネイサンズ国際ホットドッグ早食い大会が、今年は観客を入れて開催すると発表された。昨年は新型コロナウイルスの影響で、無観客だった。

大会は7月4日午前11時から、ブルックリンのコニーアイランドにある球場メイモナイズ・パーク(Maimonides Park、元MCUパーク)で開催する。入場料は無料で、先着順(公式サイトから申し込み可)。ドアオープンは10時。女子部門は午前11時、男子部門は午後12時半よりスタートする。

男子は昨年、ジョーイ・チェスナット(Joey Chestnut)選手が10分間で75個を食べて優勝。自身が持つ世界記録を塗り替えた。
女子は、日系のミキ・スドー(Miki Sudo)選手が、48.5個を完食して世界記録を更新。7大会連続優勝を果たした。なおスドー選手は、今年は出場を見送るという。

大会の様子は、ESPNでライブ中継する。ネイサンズはイベントの一環として、10万個のホットドッグをニューヨーク市のフードバンクへ寄付する。

昨年の大会の様子↓

あなたにおすすめ

TOP STORIES