ホームニュース創業100年のホットドッグ...

創業100年のホットドッグ店がビーガンメニューを開発

ニューヨーク生まれの老舗ホットドッグ店「ネイサンズ・フェイマス」(Nathan’s Famous)は7日より、ミートレスホットドッグを発売すると発表した。

ニューヨークポスト紙によると、コニーアイランドのサーフアベニューにあるフラッグシップ店のほか、スタテンアイランドのフェリーターミナルなどニューヨーク近郊の店舗で販売する。

植物由来のハンバーガーやソーセージを開発する「ミートレス・ファームズ」(Meatless Farms)と提携し、製品の開発に多大な時間を費やしたという。

ネイサンズのプレジデント、ジェームズ・ウォーカー(James Walker)氏は声明で「フレキシタリアン、ベジタリアン、ビーガンの人々だけでなく、より健康的な食事を楽しみたい人に向けたものだ」と説明。「これまでネイサンズのホットドッグを試したことがない人にも、ライフスタイルに合ったオプションを楽しむことができるようになった」と語っている。

価格は明らかにされていないが、ミートレスホットドッグは4月にオンラインでの販売を開始しており、6点セット(ミートレスドッグx6 バンズx6 マスタード)を44.99ドルで販売されている。

ネイサンズは先週、独立記念日恒例の「ホットドッグ早食い大会」について、今年は観客入りで開催すると発表した。ポスト紙によると、ビーガンの選手が登場するかどうかについては不明だという。

TOP STORIES

What's New