Official White House Photo by Adam Schultz

バイデン大統領の孫ナオミ・バイデンさん(28)の結婚式が19日、ホワイトハウスで執り行われた。

ナオミさんは、バイデン氏の次男ハンター・バイデン氏と元妻キャサリン・ブール氏の長女。1972年に元妻ネイリアさんと交通事故死した生後13カ月の娘、ナオミちゃんにちなんで名付けられた。

コロンビア大学ロースクールを卒業したナオミさんは、知人を介して、ペンシルベニア大学ロースクールの卒業生ピーター・ニール(Peter Neal)さん(25)と出会った。2人は2021年9月に婚約した。Peopleによると、現在、ホワイトハウスの3階に居住している。

結婚式では、「サウスローン」で誓いの言葉を交わした後、ホワイトハウスの「ステートダイニングルーム」で親族の食事会や結婚式パーティが開催された。

ホワイトハウスの発表によると、約250人のゲストが招待された。バイデン氏は声明で、ナオミさんの成長を見守ることに喜びを感じてきたとし、ピーター氏を「家族に迎え入れることができ、大変光栄に思っている。愛が年々深まり、笑いに満ちた日々が続くことを願っています」と2人の門出を祝った。

ナオミさんは、ラルフローレンのウェディングドレスを着用。ホワイトハウスの建物は、グリーンとホワイト・ローズで美しくデコレーションされた。

式をプロデュースしたのは、セレブリティ・ウエディング・プランナーのブライアン・ラファネルリ(Bryan Rafanelli)氏。これまでにクリントン夫妻の長女チェルシーさんの結婚式や、オバマ元大統領の公式晩餐会などのイベントを手がけてきた。

ホワイトハウス歴史協会によると、現職の大統領の孫がホワイトハウスで結婚式を挙げるのは、今回が初めてだという。現職の大統領の親族によるホワイトハウスでの結婚式は、約50年ぶりで、1971年にニクソン元大統領の娘トリシア・ニクソン・コックスさんが挙式を行なって以来だという。なお、ジョージ・W・ブッシュの娘ジェンナ・ブッシュさんは2008年、テキサスの牧場で結婚式を挙げた後、ホワイトハウスでパーティを開催した。

リハーサルディナーは18日、ニール氏の両親がホストを務め、ホワイトハウスの向かいにあるレンウィック・ギャラリーで開催された。ナオミさんはこの際、デザイナー、ダニエル・フランケルのドレスを着用したという。

19日結婚式の夜には、バイデン大統領夫妻がホストを務め、「ブラック・タイ」パーティが開催された。

挙式の費用は?

ナオミさんは7月「シークレットサービスと犬たちの支持を取り付け」サウスローンで挙式を行うことが決定したとツイートで報告していた。コメント欄には、祝福のメッセージに加え、一体誰がその費用を負担するのかという疑問も投稿されていた。

タイム誌によると、結婚式の費用はバイデン家が負担したという。ジル・バイデン氏の報道官エリザベス・アレクサンダー氏は同誌に「ファーストファミリーが主催する他のプライベートイベント同様、過去のホワイトハウスで行われた結婚式の伝統に従い、バイデン家が費用を負担する」と語っている。