ホーム ニュース ニューヨーク ノスタルジックなアイスクリ...

ノスタルジックなアイスクリームパーラーMorgenstern’s Finest Ice Cream

真っ黒なアイスクリームを販売する、ローワーイーストサイドのアイスクリームパーラー「モルゲンシュテルン・フィネスト・アイス・クリーム」(Morgenstern’s Finest Ice Cream)がニューヨークで人気となっている。

©mashupNY
©mashupNY

ペイストリーシェフとして長年経験を積んだオーナーのニック・モルゲンシュテルン(Nick Morgenstern)さんが、ブルックリンのフォートグリーンにオープンしたレストランGeneral Greeneで、アイスクリームの販売をスタート。2008年に、アイスクリームパーラー「モルゲンシュテルン・フィネスト・アイス・クリーム」をオープンした。

オーナーのニックさん
- Advertisement -

ホワイトを基調とした清潔感のある店内は、小さなカウンター席があるものの、いつもお客さんでいっぱい。店員さんのユニフォームや店内のポスターなど、ノスタルジックな雰囲気のお店。

全てのアイスクリームのレシピは、ニックさんが自身が考案。ニューヨークのアップステートより仕入れた上質なクリームを使用し、卵を使用しないフィラデルフィアスタイルのアイスクリームは、コクがあるのに、さっぱりとした後味が特長だ。

この店で、今ブームになっているのが、真っ黒なアイスクリーム、「Black Coconut Ash」 (ブラック ココナッツ アッシュ)。ココナッツの皮を焦がしたものを練りこんだもので、その真っ黒な見た目からは想像はつかない、繊細なフレーバーのアイスクリーム。
「○○の味」と表現することが難しいココナッツアッシュ味は、一度食べたらやみつきになること間違いし。お客さんの中には、ココナッツアッシュの2段重ねをオーダーするニューヨーク女子も。
グウィネス・パルトローも推奨する活性炭ブームもあり、この夏の大ヒット商品となっている。

©ニューヨークおみやげガイド
©mashupNY

バニラやチョコレート、コーヒーなどベーシックなフレーバーにも、常時3~5種類のバリエーションが用意されている。

グリーンティピスタチオアイスクリームは、サーブする直前にビスタチオの実をアイスの中に詰めるなど、どれも素材の味が存分に生かされた、個性的なアイスクリームが揃う。

カニエ・ウエストの誕生日を祝うための特別アイスクリームを販売したり、ホットドックアイスクリームを考案したりするなど話題作りにも欠かせない。

©ニューヨークおみやげガイド
©mashupNY

場所2 Rivington Street NY NY 10002 地図を表示
URLhttp://www.morgensternsnyc.com

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES