ホーム Uncategorized トランプ氏、人気ミュージカ...

トランプ氏、人気ミュージカル「ハミルトン」のキャストにツイッターで抗議

アメリカでは、次期大統領のトランプ氏より発せられたツイッターのメッセージが話題となっています。内容は、ブロードウェイの人気ミュージカル「ハミルトン(Hamilton)」のキャストを非難するもので、ここ数日で3回も発信されています。

一連のツイート内容はこちら。


ハミルトンのキャストとプロデューサー達は、どうも過大評価されているようだが、自分たちのみっともないふるまいについて、マイクペンスにただちに謝罪をするべきだ。

- Advertisement -


シアターは常に安全で、特別な場所でなければならない。昨夜のハミルトンのキャスト達は、とてもすばらしい人間であるマイクペンスに対して、とても失礼であった。謝るべきだ!


すばらしい次期副大統領マイク・ペンス氏が昨夜、ハミルトンのキャスト達によってハラスメントを受けた。こんなことは起きてはならない!

これらのツイートは、米国時間の11月18日(金)ブロードウェイ公演に観客として訪れた次期副大統領、マイク・ペンス氏に対して公演終了後にメンバーが壇上から行なったスピーチを、トランプ氏がハラスメント行為と捉えて、発信したものです。

作品の生みの親であるリン・エマニュエル・ミランダ氏をはじめ、ペンス氏が観劇に訪れると知ったキャストや関係者が、急遽相談をしてこのような形で発信することを決定したようです。

“みなさんご存知かと思いますが、今晩のショーには副大統領に選出されたペンス氏が観客にいらっしゃいます。ちょうど退出されるところかと思いますが、あと少しだけお聞きいただけますでしょうか。……..
多様性を大切にする我々アメリカは、あなたの政権が私ども、地球、我々の子供達、親達を守ってくれないのではないか、または我々の絶対的な権利を支持してくれないのではないか、という心配を抱いています。しかし、私たちは本心から、このショーがあなたの心に響き、アメリカの価値を維持し、「私たち全員」のために働いてくれることを願っています。”

トランプ氏の非難に対して、原稿を読み上げたキャストのブランドン・ディクソン氏がツイッターで応答。「ハラスメント」ではなく、この会話をペンス氏が聞いてくれたことに感謝していると述べています。

このようにトランプ氏は大変ご立腹の様子ですが、当のペンス氏本人は、日曜日のTVのインタビューで、このメッセージが適切な場所であったかどうかについては疑問を残しながらも、感情を害されたことはない、と冷静に対応。さらなるトランプ氏への支持を呼びかけました。

一方、トランプ氏の支持者達は#BoycottHamiltonというハッシュタグを拡散して、ミュージカルへの抗議活動を開始しています。ミュージカルの観劇を発端としたこの事件、民主党支持者と共和党支持者の溝は、まだまだ埋まりそうにありません。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES