ホームニュース政治トランプ氏の8月大統領復帰...

トランプ氏の8月大統領復帰説 出どころは?

米枕メーカー「マイピロー」のマイクリンデル最高経営責任者は、2日、デイリービーストのインタビューに「定かではない」としつつ「トランプ氏が8月と言っているならば、おそらく私が公にそれを言っているのを聞いたからだろう」と話した。

ニューヨークタイムズのワシントン担当記者、マギー・ハバーマン氏は今週月曜日に投稿したツイートで、トランプ前大統領が、関係者に8月に大統領に復帰する見込みだと話していると伝えた。

リンデル氏は先月、トランプ政権のスティーブ・バノン元大統領首席戦略官のポッドキャスト「War Room」で、「トランプ氏が8月末までに戻ってくると信じている」と話していた。

トランプ氏に近しい人物がデイリービーストに話したところでは、トランプ氏は過去数週間、8月復帰の可能性について側近にしきりに質問するようになっており、「高名な」人々が、可能だと述べていると主張しているという。

トランプ氏の強力な支持者で、選挙不正説を強く唱えているリンデル氏は、同サイトに8月説は「主観」とした上で、「8月までにすべての証拠が明るみにでて、ドナルド・トランプが復帰することを望んでいるが、その月になるかどうかわからない」と語った。さらに「7月まで最高裁に提示する何らかの準備が整うはずだと唱えている弁護士らと話をした」と述べ「これがドナルド・トランプが8月までにホワイトハウスに戻ることを意味するものだと望んでいる」と話した。

選挙後、一時的にトランプ弁護団に加わったシドニー・パウエル氏も、先日、テキサス州でQアノン支持者らが組織したイベント「For God & Country Patriot Roundup」に出演した際に、トランプ氏は復帰可能だと主張している。ただし、時期については特定していない。

一方、トランプ弁護団で、ジュリアーニ氏とともに接戦各州で起こした訴訟を主導した弁護士のジェナ・エリス氏は日曜日、ツイッターで、2020年大統領選は「無法状態」と主張しつつ「憲法には、現職の大統領を免職するプロセスはたった一つしかない。弾劾と有罪評決だ。トランプ大統領が復帰することはない」と投稿した。

リンデル氏はエリス氏の投稿は「ばかげている」と反論。「これについて弁護士らと話をしている。彼女は何のことだかわかっていない」と批判した。

これを受け、エリス氏は3日「マイク・リンデルは、ロースクールに戻るべきだ」とツイートした。

TOP STORIES