メトロポリタン美術館 NY居住者以外の入館料の支払いを義務化へ

メトロポリタン美術館
©mashupNY

4日(木)、メトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)は、3月1日以降、ニューヨーク州の居住者以外は、入館料25ドル(約2,750円)の支払いを義務化するとの発表を行った。
同美術館は、1970年以来、任意の金額(推奨されている寄付金額は25ドル)で入館することができる制度となっており、約50年ぶりの変更となる。

新たな入館料

3月1日以降の入館料金は以下の通りとなる。
大人25ドル、シニア17ドル、学生12ドル、12歳以下の子供は無料
*メトロポリタン美術館で購入したチケットは、3日間有効で「メット・ブロイヤー」(Met Breuer)と、「クロイスターズ美術館」(the Cloisters)でも使用が可能。

近隣のニュージャージー州やコネチカット州在住の学生は、今まで同様に任意の料金で入館できる。
ニューヨーク在住者は、入館の際に、NY州のID、ライブラリーカード、郵便住所が記載された請求書などの提示が求められる。

義務化の背景には?

メトロポリタン美術館が、任意の金額で入館することができるのは、市の所有地を無償で貸し出す代わりに、美術館を無料で一般に解放するという法律がベースとなっている。
運営費用は、民間からの寄付と公的資金で運営されているが、現在、財政赤字となっており、入館料の支払いを義務化することが以前より検討されていた

NYタイムズによると、同館の入場者数は、この13年間に470万人から700万人に増えている一方、推奨される金額の全額(25ドル)を支払う人は、63%から17%へと減少している。
また、amNEW YORKによると、任意で支払われた入館料の平均金額は9ドルで、全額より16ドルも下回るという。

現在、同館の運営予算3億5百万ドルのうち、14%(4,300万ドル)が入場料金で賄われている。今回の入館料の義務化により、16-17%になると予想されるという。
昨年、ニューヨーク市は運営予算の10%を資金調達したが、新たな歳入では、300万ドルまで削減できる可能性があるという。

シェア