Advertisement
ホームニュースロイヤルメーガン妃の新プロジェクト...

メーガン妃の新プロジェクト 王室専門家が批判的なワケ

4日に40歳の誕生日を迎えたメーガン妃は、自身の慈善団体「アーチウェル」のウェブサイトに投稿した動画で、女性の職場復帰を支援するイニシアティブ「40×40」を開始すると発表した。

動画にはメーガン妃と、女優でコメディアンのメリッサ・マッカーシーが登場。2人はコント風の会話を交えながら、新たなプロジェクトを紹介した。

「いま大丈夫?」とメーガン妃に尋ねられたメリッサは、部屋着でルービックキューブを回しながら、「いまオーガニックガーデンの作業中」と返答。メーガン妃が、「カメラがオンになってるわよ」と突っ込む場面からスタート。

即座にハットとドレス、手袋をはめた英国式のエレガントな衣装に着替えたメリッサは、「40歳の誕生日にあるアイデアを思いついたの」と語るメーガン妃に対し、「(妊娠を発表した時の)木の下で幸せそうな写真の撮影?」「BFFのタトゥー?」など次々と質問。さらに「(結婚前に出演したドラマ)”スーツ”のリユニオン版は作らないの?」と尋ねると、メーガン妃は「スーツは大好きよ。でもなぜ私の誕生日に?」と苦笑いした。

コミカルなやりとりが続いた後、メーガン妃は、コロナ禍により米国だけで200万人、世界で数千万人の女性が離職したり、失業したと説明。40歳を記念して、40人の友人に対して、職場復帰する女性のメンターとして40分間を割くよう求めたとイニシアティブの内容を語った。

なお40人の中には、歌手のアデルやシアラ、ヒラリー・クリントン、facbookのCOOを務めたシェリル・サンドバーグ、女優のプリヤンカ・チョプラ、デザイナーのステラ・マッカートニー、ミシャ・ノヌー、若手詩人のアマンダ・ゴーマン氏などが含まれているという。

王室専門家は非難

多くの賛同が相次ぐ一方、王室専門家からの一部からは動画への非難の声が上がった。

伝記作家のアンジェラ・レヴァイン(Angela Levin)氏は「誕生日ビデオの中で、メーガンと友人のメリッサ・マッカーシーが女王を揶揄していると思った人はいる?」とツイート。2人は古風なカップとソーサーを持ち、メリッサが華やかな衣装で、お茶を飲んでいると指摘。続けて「この侮辱的なショーは、彼女が王室をどう思っているかを示すものだ。彼女は欲しいものを手に入れ、われわれを出し抜くことができると信じている」と批判した。

レヴィン氏の投稿に対し、王室の伝記作家ロバート・ジョブソン氏も「時代遅れな姿を描写し、英国をバカにしたのだ」とコメントした。

このほかにSNSでは、「バカにみえる」などカメオ出演したヘンリー王子に恥をかかせたと指摘するコメントや、「プライバシーを大事にしたいという理由で離脱したのでは?」いった皮肉の声も。

メーガン妃は英国王室を離脱後、絵本作家としてデビューしたり、Netflixで子供用アニメ「Pearl」の製作に携わったりするなど多方面で活躍している。オプラ・ウィンフリーが司会を務めたインタビュー番組は、エミー賞にノミネートされ、来月行われる授賞式でレッドカーペットを歩く可能性も噂されている。

TOP STORIES

What's New