米宝くじパワーボール&メガミリオン賞金額が共に4億ドル越え

宝くじ パワーボール メガミリオン
©mashupNY

3日(水)、米国で実施される宝くじ、パワーボール(Powerball)と、メガミリオン(Mega Millions)の当選金額が共に4億ドル(約440億円)を越えた。当選金額が同時に4億ドルを超えるのは、米国のロッタリー史上初めてのこととなる。

ちなみに2つのロッタリーが同時に当選した場合、8.58億ドル(約944億円)の賞金を手にすることができるが、その確率は何と88兆分の1だという。

パワーボール

毎週水・金の2回当選が発表されるパワーボールの賞金額は、現在4.6億(約506億円)ドル。パワーボールの中では歴代7位、米国のロッタリー史上では歴代10位の高額賞金となる。
当選した場合、29年30回の分割払いか、一括払いを選択することができる。一括で受け取る場合は、2.91億ドルとなる。ジャックポット(当選番号)の賞金金額は、4,000万ドルからスタートする。当選確率は約3億分の1となる。

パワーボールは、1-69の異なる番号から5つ選択し、パワーボールと呼ばれる番号1-26から1つを選ぶ。

3日(水)の夜発表された当選番号は以下の通り。
02 – 18 – 37 – 39 – 42 Powerball: 12 Power Play: 3X

ジャックポットがない場合は、賞金は次回に持ち越しされることとなる。

パワーボールは、2016年1月に史上最高の賞金金額、15.9億ドル(約1,750億円)となった。ジャックポット当選者が3名いたため、1名あたりの賞金金額は4億ドルとなった。
また、2017年8月には、米国史上2番目の賞金金額7億5,870万ドル(約834.5億円)の当選者が現れた。この時は、ジャックポット当選者は1名だったため、北米史上最高額の賞金を手にし、大きな話題となった。

メガミリオン

現在の当選金額は4.18億ドル(約460億円)。現金で受け取る場合は2.61億ドル。
ジャックポットは、4,000万ドルからスタートする。
ジャックポットの当選確率は1:305,575,350(約3億分の1)
抽選は毎週火・金曜日の午後11時(東部時間)
今までの最高当選金額は、2012年3月30日の6.56億ドル。3人のジャックポットが現れ、賞金を山分けした。また2013年12月17日には、6.48億ドルで、2人のジャックポットが現れた。

シェア