マーク・ウォールバーグ セクハラ被害支援の#TimesUp基金に1.65億円寄付

俳優のマーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)と、エージェンシーのウィリアム・モリス・エンデヴァー(William Morris Endeavor)は、昨年発足した性的・セクハラ被害者を支援するための法的基金、#TimesUp(タイムズアップ)に200万ドル(約2.2億円)を寄付すると発表した。

200万ドルのうち150万ドル(約1.65億円)は、マーク・ウォールバーグが、映画「All the Money in the World」で共演した女優、ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)名義で寄付する。また、ウィリアム・モリス・エンデヴァー社も#TimesUpに50万ドル(約5,500万円)を寄付する。

Advertisement

Mウィリアムズのギャラは、ウォールバーグの1/2000?

All the Money in the World」は、少年へのセクハラ被害が告発されたケビン・スペイシー(Kevin Spacey)が降板。クリストファー・プラマー(Christopher Plummer)が代役を務めることとなり、スペイシー氏の撮影分は再撮影を余儀なくされた。
当初、リドリー・スコット監督は、主演俳優らはノーギャラで再撮影に協力してくれたと語っていたが、その後USA TODAY紙の報道により、ミシェル・ウィリアムズが受け取ったギャラが約800ドル(業界の最低賃金に近い1日あたり80ドルの10日分)に対し、マーク・ウォールバーグは150万ドル(約1億6500万円)だったと判明。
ウォールバーグ氏は、100万ドルの支払いがないと、クリストファー・プラマーによる代役は認めないと伝えたという。

ミシェル・ウィリアムズは、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を獲得し、アカデミー賞にもノミネートされている著名な女優にもかかわらず、男女の賃金格差が大きな非難を浴びていた。

女優ジェシカ・チャスティン(Jessica Chastain)
「本作での彼女の演技は素晴らしいわ。20年この業界にいて、オスカーにもノミネートされ、ゴールデングローブ賞を受賞した彼女が、男性のギャラより1%以下にしか値しないなんて。」

ウォールバーグ氏は、「この数日間、再撮影のフィーについては大きな話題となっていました。私は公正な賃金への戦いを100%サポートします。150万ドルをミシェル・ウィリアムズ名義で#TimesUpの法律基金に寄付します。」と声明で述べた。

13日(土)、ミシェル・ウィリアムズが、今回の騒動後、USA TODAYに対して、初めて声明を発表した。
友人の女優やアクティビストが、寄り添い、立ち上がってくれたこと、また自身の言葉で語るべきだとアドバイスを受けたとし、「最もパワーを持つ男性たちが、耳を傾け、行動に移してくれました。私たちが真に平等な世界を目指すなら、それは同じだけの努力と犠牲が必要になります。」と述べた。

8月、雑誌フォーブスは、年間で最も稼いだ俳優としてウォールバーグ氏を選出し、その金額は6800万ドル(税引き前、約75億円)と報じた。