ホームニュースマークジェイコブスとリアー...

マークジェイコブスとリアーナ NYファッションウィークのラストを巡りバトル?

ニューヨークファッションウィーク(NYFW)の最終日、12日午後6時よりマンハッタンのパークアベニューアーモリー(Park Avenue Armory)で予定されていたマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)のショーが大幅に遅れてスタート。
開催時間が、ブルックリンのネイビーヤードで8時から予定されていた、リアーナのランジェリーブランド「Savage x Fenty」のショーと重なり、多くのゲストを混乱させる事態となった。

マーク・ジェイコブスは、2007年にショーの遅延で大クレームを引き起こして以来、近年は、定刻通りにショーをスタートさせている。
しかし、この日は、ショーが始まったのは、約1時間半遅れの7時25分だった。

ソーシャルメディアには、ショーに参加したエディターが、なかなか始まらないショーに焦燥感を募らせる様子を投稿している。

リアーナのショーに行くため、また次のファッションショー会場であるロンドン行きの飛行機に乗るため、会場を後にしたゲストもいたようだ。ハリウッドレポーターのBooth Moore氏が投稿した写真には、空白の席もいくつか見られる。

マークジェイコブスのパワープレイ?

ファッションジャーナリストChristina Binkley氏は、ショーの遅延は、リアーナのショーに行くのを妨害する意図があったのではないかと、ソーシャルメディアに投稿した。

近年は、マーク・ジェイコブスがショーのラストを務めており、リアーナに対して、パワープレイを挑んだのではないかとも噂されている。

CUTによると、米ヴォーグのアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長は、携帯を持って席を立ち、ショーを見ずに立ち去るかと思いきや、再びフロントローに戻り、最後まで見届けたという。
友人のソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、エミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)もショーを鑑賞した。

PageSixによると、ランウェイの常連モデルであるジジ&ベラ・ハディッド(Gigi and Bella Hadid)は、今回リアーナーのショーにモデルとして参加していた。
若手写真家のペトラ・コリンズ(Petra Collins)や、エレン・フォン・アンワース(Ellen Von Unwerth)などもリアーナのショーに参加していた。

遅延の理由に関して、マーク・ジェイコブスのスタッフは、「ラッシュアワーや、雨による悪天候で、衣装が届くのが遅れたため。」AP通信に語っている

マーク・ジェーコブスのショーは、「服は夢のようだった。狂うほどに熱を帯びた夢。美しく独創的であった。見る価値が十分にある。」(daily beast)、「微笑まざるを得なかった。美しい服はいつだって待つに価する。」(CUT)「琥珀色の輝きを放った。」(NYタイムズ)という絶賛の声が寄せられている。

マーク・ジェイコブスは、翌日の夜、アリスの不思議な国のウサギに、自らの顔をコラージュしたイラストをインスタグラムに投稿し、遅延したことを長文で謝罪した。

View this post on Instagram

I sincerely apologize to anyone and everyone who was inconvenienced by my lateness at our Spring/Summer 2019 fashion show. For anyone interested, below is not a list of excuses but rather a list of facts. I fully understand people have plans, lives, commitments, flights, families to return to, etc and that I fully RESPECT. I’ve heard, read and reflected on your frustration, anger and outrage. If you choose to read the below, I hope that you can find your own place of understanding. 1. The night before the show at midnight, I believed that we would absolutely be starting at 6pm, as planned and it was my intention to do so. 2. At 3:30pm on the day of the show, I became aware that we would most likely be an hour late. In good faith and hope it was communicated that the show would start at 630pm and that was a mistake. 3. After years of being beyond punctual and once again, with every intention of remaining so, the fact is, more is always expected from us with fewer and fewer resources. That is not unique to me personally or us as a company. I have learned that I need to adjust to our realities. 4. It was my wishful thinking that we could accomplish all that needed to be done for this show with the circumstances we faced. I was wrong. Not because everyone didn’t make every effort or give it their all and more, life is just that way sometimes. I’ve always been told that, “if you want to make God laugh, tell him your plans.” With our shows, I always strive to present 7-10 minutes of live fashion theatre that hopefully makes some kind of statement or touch the audience in some way both aesthetically and emotionally. I think we all have to be a little more sensitive and flexible to the fragile state of the live experience. I hope anyone reading this will reflect on my thoughts as I have on yours. 
Sincerely and respectfully, Marc

A post shared by Marc Jacobs (@themarcjacobs) on

あなたにおすすめ

TOP STORIES