Advertisement
ホームニュースクライム客を斧で切りつけ 銀行で無...

客を斧で切りつけ 銀行で無差別攻撃

マンハッタンにある銀行のATMコーナーで、手斧を持った男が、客の頭部や足を切りつける事件があった。

ニューヨークポスト紙によると、15日午後5時半ごろ、フィナンシャル・ディストリクトにあるチェース銀行で起きた。

監視カメラの映像には、ATMで現金を引き出そうとしていた男性(51)に、マスクをつけた男が背後から歩み寄り、足元めがけて斧を振りかざす様子が映っている。流血し逃げ惑う男性を、執拗に追いかけ回した後、蹴り倒すなどして、複数回攻撃を加えた。その後、ATMのスクリーンを全て破壊。斧を放り投げて、逃走した。

目撃者によると、男性は血まみれの状態で、道路に横たわり、叫んでいたと証言している。男性は、病院で手当てを受け、容体は安定しているという。男は現在も逃走中。

CBSニューヨークによると、容疑者の男はホームレスとみられている。男性が入って来た際、銀行の玄関ホール部分に立っていたという。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New